FC2ブログ

リアスピーカーボード

2018. . 17
毎度忘れた頃に出て来る、掘り出し物夜市。今回ご紹介するのリアのスピーカーボード。

IMG_2244.jpg

ご存知のように、空冷VWには標準装備のスピーカーは一つしかついていません。モノラル全盛期でしたからね。ステレオって言葉にまだ価値があった時代ですから、二つ以上つけるというのは特別なことだったんです。
とくに、4スピーカーは臨場感あふれるということで、羨望の的だったんですな。それから時代が下り、アンプやらウーハーやら言い出して、音を追求するオーディオインフレ時代に突入したのが21世紀も間近という時代で、メディアもMDだとかHDだとかに進化してゆきましたが、意外に短命だったのは御存知の通り。

IMG_2245.jpg

デジタルオーディオデバイスというものが出来てから、音楽をファイルデータで管理するようになり、人々の手からメディアというものが消えてゆきまして、スマホなどが音楽デバイスを兼任することになり、結果としてカーオーディオ業界は死に体の様相を呈し、今に至るわけです。

ま、ドライブに音楽はつきものだった時代ってのがあったんですよ。いい音で聴くために随分なお金を投入した方もおられた時代ですが、それはそれですごく楽しいことだったと思いますよ。

今もカーオーディオがなくならない理由は、スマホから出力される音楽データを実際にスピーカーで出力させるため、増幅させる必要があるためでして、要するにオーディオヘッドとは今やアンヌの役割くらいしかしていないと言ってよいでしょう。

しかしそれでも絶対必要なのは、スピーカーです。まぁ蓄音機の時代からこれだけは変わりませんな。

IMG_2246.jpg

ビートル(ほぼ全年式の)リアラゲッジスペースにきれいに収まる、リアスピーカーボードです。
座席の後ろに無造作に荷物が詰めこまれてる、そこのあなた! このボードのしたにスッキリ整理整頓してあげましょう。

スピーカーはUSED品になります。お好みのスピーカーがあればそれに合わせて制作します。(材質はコンパネです)

現状取付工賃、オーディオ配線込み

販売価格:12000円でご奉仕します!

必要な方はchelm@nike.eonet.ne.jp メールか、もしくは072-626-5453までお電話ください。

ホワイトウォールタイヤ セット

2017. . 12
高くて手が出なかったあの商品が、こんなに安く手に入る! 掘り出し物夜市です。

さて今回ご紹介するのは、ファイアストン・ホワイトウォールタイヤです。
サイズは、6.40-15 
FireStone DELUXE CHAMPION Made in USA!

これ今新品で買うと高いんですよね。
USEDですが非常に状態のいいタイヤでございます。多分殆ど使ってません。

標準ではタイプ2の55-63年に装着されてたサイズで、ビートルのものより若干太いです。
でも15インチなので、ビートルのノーマルホイールにも、(もちろん高年式にも)装着できます。

IMG_2036.jpg

チューブレスタイプで、エア漏れもありませんでしたから、安心してお使いいただけます。

IMG_2037.jpg

ウォール面の白い塗料は若干のヒビがありますが、装着してしまえばさほど気にならないと思います。

IMG_2038.jpg

山は殆ど減ってません。サイドのヒゲも残ってますね。
もちろん、タイヤは新品でなきゃやだ、って人にはおすすめしませんが、そもそもそんなグリップ力やコーナリング性能を求めてはいけないタイヤです。はっきりいって、ラジアルタイヤから付け替えると性能ダウンします。

セールスポイントは見た目! ただそれだけです。


四本セットで販売いたします。送料込み(離島は要相談) 直接来てくださる方は入れ替え工賃サービスします。

販売価格:SOLDOUT!

必要な方はchelm@nike.eonet.ne.jp メールか、もしくは072-626-5453までお電話ください。

ビートル用、スキーキャリア

2017. . 17
あなたを白銀の世界へと魅了する、であろう掘り出し物夜市です。

今回ご紹介するのは、ビートル用のスキーキャリアです。

IMG_1654.jpg

こんな部品どこにつけるのかといいますと、

img_0 (1)a

こんな感じでスキー板をラッキングするんですな。
昔の若者はこぞってこんなスタイルで、休日になるとスキーに勤しんでいたわけです。
ちなみに私はスキーやりませんが。

80年代のスキーと言って思い出されるのは、『私をスキーに連れてって』という、原田知世主演の嬉し恥ずかしな映画。若者は合言葉のように唱えながら、シーズンになるとスキーに出かけるということをしており、大変なブームであったことは確かです。
男女ともスキーウェア着ると二割増しによく見えるという、スキー場マジックに泣かされた人も数多くいるかと思いますが、まあなんせ景気のいい時代だったなと。

そのくらい需要があったって話です、このスキーキャリアには。

IMG_1651.jpg

表面錆びありますが、しっかりしています。

IMG_1652.jpg

IMG_1653.jpg

洗って塗装すれば綺麗になります。

こういう板の積み方って、ビートルならではなんですよね。リアビューも素敵です。
海の傍では屋根にサーフボード積むのが流行っていたそうですが、ま、アクセサリ的になんでも似合っちゃうところが憎いですね。

販売価格:SOLDOUT!

必要な方はchelm@nike.eonet.ne.jp メールか、もしくは072-626-5453までお電話ください。

ナルディ ウッドステアリングホイール

2017. . 29
皆さまの着けたいを実現へと導く、掘り出し物夜市でございます。

さてさて。 今回ご紹介するのは「ナルディ社 ウッドステアリングホイール』です。

IMG_1351.jpg

ナルディ(Nardi )は、イタリアのロンバルディア州ヴァレーゼ県トラダーテに本社を置く自動車部品メーカーである。ステアリング・ホイールやシフトノブなどを製造している。(Wik抜粋)

創業が1932年という、老舗のステアリングメーカーでございまして、特にこのスタンダードなウッドステアリングは有名ですね。
外径は36パイで車検にも対応しています。

IMG_1352.jpg

もちろん空冷ビートル用です。ボス対応は60年から74年までです。(テーパーの付いていないタイプ)タイプ3、カルマンも使用できます。

IMG_1353.jpg

写真で少しキレイ目に見えるかもしれませんが、割れなどはありません。

IMG_1354.jpg

我々の業界では、このくらいなら良い程度と言いきってしまいますが、それなりの年代ものですので、お察しくださればと。

販売価格:18000円

やっぱりハンドルはナルディだぜ! という方は今すぐお問い合わせを。 直接お越しくださった方は取り付けサービスします!

chelm@nike.eonet.ne.jp メールか、もしくは072-626-5453まで!

6Vバッテリーのカバー

2017. . 23
あなたの「欲しかった」をサティスファクションする、かもしれない掘り出し物夜市です。

今回ご紹介するのは、6ボルトバッテリーのトップカバーです。
こんな部品何の役に立つのかと、まあお思いかもしれませんが、現代においてはほぼ無意味ですよね。
6V時代のバッテリーをバンドで固定するために必要だった部品です。マニアな一品です。

IMG_1311.jpg

表面錆びありますが、しっかりしています。

IMG_1312.jpg

裏も同様、まだまだ塗装すれば綺麗になります。

IMG_1313.jpg

硬質ボール紙も生きてます。

ビートルのバッテリーというのはリアシートの下にあるんですよね。で、その当時のバッテリーというのは開放式といいまして、バッテリー液がダダ漏れだったんです。内圧が上がれば液が漏れ出すように各セルのスクリュー蓋に弁が付いてたんです。
ですから漏れ出した、バッテリー液はフロアに垂れて、フロアの鉄板を侵食して穴を良く開けたんですな。
ワーゲンのバッテリー部分の腐食、というのはそういう時代の名残なんですが、これは12ボルト時代でもよくありましたので、それらを防止するためにいろんな工夫がなされました。当然液も減るので、補水という作業が欠かせなかったんです。

こういったことを気にせずにいられるようになったのは、MF(メンテナンスフリー)バッテリーが登場してからで、それまではどんな車でもバッテリー液(希硫酸)によるボディの腐食には悩まされてきたんですね。
今じゃリチウムだとか、いいものも出てきてるようですが、もうちょっと小型化できないもんですかねぇ? 出来そうですけどねぇ?

というわけで、

6Vバッテリートップカバー、ご奉仕します。

販売価格:3000円

必要な方はchelm@nike.eonet.ne.jp メールか、もしくは072-626-5453までお電話ください。
 HOME