はるうららやねん

2017. . 04
うちの猫です。

IMG_0408.jpg

春は眠いねん。 という訳で今日は私の休日を紹介しよう。
いつになったら本気を出すのか、という問いは愚問なので差し控えるように。

ところで、『春うらら』などと偶に表現しますが、漢字で書くと『春麗』となります。 アーケードで一世を風靡したスト2(ストリートファイター2)の春麗はおっかない女ですが、それとは似ても似つかない、意味としては、 『空が晴れて、日が柔らかくのどかに照っているさま。』という春の季語みたいなもんだそうです。

IMG_0405.jpg

なんで、休日は庭で優雅にランチとか。

IMG_0407.jpg

家の隣の空き地で読書とか。

そういう豊かな生活を享受しているわけです。 一年に一回くらいですが。

こういう優雅な時間の過ごし方って、常にあこがれはあれど、めったなことではできません。

春うららな一日でございました。

俺は明日から本気出す

2017. . 01
IMG_0387.jpg

すごい、どれくらい広くなったのかというと。

IMG_0388.jpg

このくらい。

やれば出来るって感じで。

さて今日は4月1日でございます。
日本では『4月バカ』、英語圏では『エイプリル・フール』、中国では『万愚節』、フランスでは『ポワソンダヴリル』、ドイツでは『アプリルシェルツ』というそうです。
おフランスはやはりなんだかオサレ感あります。

そもそもなんで揃いも揃って4月1日から世界的にバカをやるようになったのか? といいますと。

これが、全く分からんそうです。

16世紀のフランスにそれらしき起源があるものの、由来としては弱弱しい。欧米圏であれば宗教的に繋がりやすく、伝播するのはさほど長い時間はかからないだろうと思われますし、内容にそれほどの齟齬もないのでしょうけど、中国やインドでもポピュラーであるというのは、いささか首をひねるところ???

日本人は外の文化取り入れるのが昔から好きですから、まあそれとして。

インド起源という話もありますが、じゃあ植民地支配でイケイケな当時の欧米人が、それをまねするかというと、それもちょっとなぁ。

という訳で。

私は宇宙人説を支持します。

某年四月一日、我々は、太陽系第三惑星観測大規模艦隊を、極秘裏に当該惑星上空に派遣した。
観測大規模艦隊の滞在は、ほんの短い時間帯だけだったため、ほとんどの現地人類に認識されることなく無事終えた課に思われたが、後の報告から世界各地で円盤の目撃証言者が現れていることがわかった。やはり大規模すぎたのである。
このままでは我々の存在が当該惑星の人類に知れてしまう恐れがあった。
そのため我々は、当該惑星人に扮した隊員を地上に派遣し、今日は嘘をつく日なのだと世界中を喧伝して回った。

そうして我々の隠蔽工作は功を奏した。
それ以来人類は四月一日に嘘をつくことが当然となったのだ。


ワーゲンはどこまで走れるのか

2017. . 26
IMG_0328.jpg

ワーゲンのエンジンってのはこういう構成で成り立っています。
まあ、いまさら新鮮味ない話ですが。

よく、「どこまで走れますか?」って訊かれることがあります。

まあ、「どこでまでも走れますよ」って答えますが。

遠方に行くと壊れるってイメージは旧車ならではのイメージですが、別に距離が離れるから壊れるってことはないのは解ると思います。出先で壊れると凹みますし、不安ですから、出来れば壊れてほしくないのが人情ですが、壊れるのは、「壊れるその日が今日のこの場所だった」という事実に過ぎません。

そういう意味では、日々の中で何が起きるかなんてのは予測できないのと同じで、もはや考えるだけ無駄とも言えてしまうわけです。ただ、故障しそうだ、とか調子悪いな、と思いながら出発すると、壊れる確率は格段に跳ね上がると考えておいてもいいでしょう。このあたりに関しても、人間だって風邪気味なら出かけるのを控える、という理屈と同じですな。

んなわけで、そろそろ行楽シーズンですし、ちょいちょい足を伸ばして遠出をすることもあろうかと思います。
車の調子万全にして、走りましょう。

モーターサイクルショー2017

2017. . 21
IMG_0282.jpg

月曜祝日だったので、酔狂にもモーターサイクルショウなどに行ってみた。
面白いなぁ。 最新バイクには興味がない、というか自分の乗ってるバイク以外に興味がないんだけど、それでも「おお!」と口から洩れてしまう。

すごいね最近のバイク。仕上げもすごいけど、造形が複雑すぎる。 見てるだけで「むふふ」というのもわからんでもない。
あと、これはライダー年齢が上がっているせいなのか(笑) 足つきが良い、ハンドルが高い。従来あったような前傾伏せで乗るような車種はほとんどなかった。楽だろうなぁ、コントロールしやすいだろうなぁ、という印象。我々が90年代に萌えたバイクとはもはや違う乗り物なんだろうなと思う。

で、マシンの外観(デザイン)だけで評価するなら、BMWはかなり頑張ってる。カッコいい。先駆を行ってる感じがする。
スズキはパッとせんかったな。NEWカタナ出せよー。もう、スズキはカタナだけでいいから。
川崎は、あー残念。なんか間違った方向行ってる感じがする。
ヤマハは頑張ってる。バイクらしいカッコよさもあるし、外連味の強い変態デザインもヤマハがやるとまとまる。うまい。
ホンダは相変わらずダサいが、ホンダらしい。もういいよ、ホンダはイイバイクだから。
ドカティ、ハーレー、KTM、トライアンフと、あんまりゆっくりも視れなかったんだけど、外車はカッコいい。
なんでだろう……

IMG_0285.jpg

モーターショーといえばキャンギャルですが、いやーなにこれ。手、カメラ、手、カメラ、手、カメラ。

面白いなぁ。(ちなみに右端の方におねーちゃんいます)

わたしゃあんまキャンギャルとか撮らないです。撮ってから、なんでこんなの撮ったんだろう的な気持ちになるので。
まあ、場の雰囲気で思わずカメラ向けてしまうのは男の性ですが。とりあえず、エロかった。お仕事疲れ様です!

なに? バイクの写真もネーチャンの写真もねぇじゃねぇかって?

そういうのは上手に撮ってる人がたくさんいるので、グーグル先生にお聞きなさい。

で、少し残念だったというか、悲観的に感じたのは。

若い人すくねぇ。最終日でアレなんかもしれませんが、これからバイク乗るってくらいの高校生から二十代の年頃の子たちが居てもおかしくないのになぁ。バイク人口の高齢化が懸念される昨今でございます。
頑張ってみんなバイクに乗ろうぜ。無駄なことしまくろうぜ。

17にちやで

2017. . 17
IMG_0273.jpg

三月は去ると申しまして、1、2、3と時間の流れを早く感じるものですが、もちろん錯覚です。
季節的には早くに暖かくなってほしいと思うので、これはこれでいいんですが仕事的には困ったものです。

特に三月は年度末という行事がありまして、年末と同じく、世間は慌ただしくしているものでして。自動車業界も例外ではないわけです。
特に、三月末日をもって登録されている車両に対し自動車税というものがかかりますゆえに、三月を期に抹消登録するという動きが活発化します。
が、しかし、普通自動車の自動車税というのは月割ですから、結局次月に抹消登録したところで一か月分の課税しかされないです。
じゃあ軽自動車やバイクはと言うと、年払いなので、年度内に抹消しても還付はありません。といっても軽自動車で7200円から10800円、バイクで2000円から6000円くらいですから、どうってことないと言えばないです。

ですから買い取り業者が「乗らないバイクを4月まで持っていたら税金がかかりますよ!」と脅すのは間違ってないんですが、別にせいて売りに行って買い叩かれることを考えれば、税金を支払ったとしても高く買ってくれるところをじっくり探すというだけの価値はあるだろうなと思います。

ま、こういう税金もですね、大きな視点で見れば全てお国の運営費になってるわけですよ。
で、森友学園の買った土地が8億円の大幅値引きをした時に、我々の税金というのは8億円をどぶに捨てられたのと同じわけです。それがまかり通るなら、8億円分くらい脱税したって文句言うなよな、と。

もちろん、学園側および政府、官僚の答弁はぜーんぶ嘘という前提に立った場合ですが。

税金という名目で徴収しているならば、それがどこにはいろうがどこが徴収してようが、国民からすれば上納金に過ぎないわけで、国側のやった犯罪に対して、裁きを与えられないというのは変だと思います。

何より値引きするなら、値引きするといった奴が、我々に対してまず「値引きしてもいいか?」と伺いを立てるのが筋ではないか。
つまるところそれが代議士のポジションなのだけど、そこが節穴なのだとすれば、彼らは仕事をしていないことになる。

いずれにしても、自分たちの組織内なのに徹底的に追及できないという事は、後ろ暗い事実が横たわっているわけでして、限りなく黒に近いグレーだというのは感覚的に誰もが察するところで、苦しい答弁を繰り返す関係者というのは国民から見ていて非常に見苦しいわけです。

とりあえずさぁ。

こんなデカいもんを扱って証拠が残らないとか思っている時点で世間知らずも甚だしいわけですよ。
そういうことわからないくらい、みんなバカなのでしょうか。
それともバレてもなんとかなる、とか思ってるんでしょうか。
もちろん今までもバレずに上手いことやった人はいるんでしょうね。
でも、バレて超カッコ悪い顛末を迎えた政治家は山ほどいます。

でもやるんだ。 そんなにお金欲しいのかなぁ。

私はそこの感覚が全く分かりません。少なくとも私は(災害寄付とかではなく)他人にポンと100万円とかあげたりできませんし。そういうの、普通にできる人の頭の中ってやっぱり一般庶民感覚から乖離してるんじゃねぇのかなぁ、と。

ま、えらいセンセイ方とは関わることもないし、学ぶところもないので、好きにしてればいいですけどね。
ただ、自分の金でやってくれねぇかなあ、と切に願います。

 HOME