FC2ブログ

扇風機、おまえもか!

2018. . 08
IMG_4096.jpg

扇風機までもが暑さでサボるようになった。
仕方あるまい、ここは男子のたしなみとして、久しぶりに扇風機をバラそう。

男子たるもの、幼少期に扇風機のひとつやふたつバラすものである。

さて

IMG_4097.jpg

私は大人男子なので、このくらいまでバラしてしまいます。
どうもベアリングの潤滑不良で、熱をもってたみたいな気がする。なので、掃除して、注油して元に戻す。
おおう、スムーズに回るぜ。

IMG_4091.jpg

ちまちま進めてるクラッシュエンジェル。今日は自分の左手を叩いたぜ。

IMG_4095.jpg

OBD2の車両診断テスターを導入したぜ。ってもコード読むだけだけどね。
ゴルフとか国産車とか来たときに少しは役に立つ。逆に今までなくてよくやってたと思うんだが、要するになくても出来るっちゃ出来るわけだ。

というのも、結局、故障診断コードが解っても、そこから先は人力で原因追及な訳です。
車両側の警告は異常を示すのみで、診断機は何が異常なのかを示す。で、あとは現在起きている異常は何が原因なのか、ってーのをわがの持ってる知識とか情報から想像しながら、不良箇所を探し当てて部品交換なり修理をする、という手順なのです。

要するに故障診断器ってのは病院に行って症状を診断される、ってくらいのことです。

昔々は空冷VWにも「VWダイアグノーシス」という恐竜みたいな名前の、故障診断ユニットがあったんですが、正直必要かというと、全然いらないような気がします。使った事も、見た事もないですけど。

とはいえ、故障診断ってのは一番時間がかかって、かつ修理局面に至って影響を及ぼす部分ですから、ここで失敗すると割と痛い話になります。私らも間違いがないとはいいきれませんし、故障診断機も、複合的な原因が絡んでいると、正確に診断は出来ません。あくまで可能性の一端を示すという程度です。

お医者さんも、完治するまでは絶対に断言しない、ってのはそういうことです(よね?)



ほらみろ! 8月なったら涼しいだろ?

2018. . 07
33.jpg

そらきた、ネタ切れ。

猫の画像が来たらネタ切れの合図だぞ!

IMG_4075.jpg

とはいえ、せっせとボンネットの塗装剥がしは進めてます。これなかなか進まないんだ。

IMG_4076.jpg

で、クラッシュ車両の再生事業を。
今日もジャッキでヘコヘコ形を整えてゆきます。前回は当たった箇所の修正を先に行いあらかた形を出しましたが、今回はでっかい歪み修正を行います。これだけ壊れてる車体の場合、順番とかは特にないと思います。

IMG_4077.jpg

ここね、タンクが収まっていた四角い部分。対角線で長さを測ると、二センチ違う。
つまり平行四辺形に変形してるわけです。対角で二センチですから約一センチ修正すればいい。

IMG_4078.jpg

対角でジャッキをかけてもいいんですけど、見える部分がへこんだら面倒なので、シャーシを使って鼻先を左に向けてやるようなイメージで押します。ここが出来たらセンターが決められますので、あとはパネルワークだけです(といってもそいつの方が大変ですけども)

早い人なら明日からお盆休みという人も居るんじゃないでしょうか。
ヘルムは13日月曜から16日木曜までお休みをいただきます。

というわけで、今日は一日中風が吹いていて、過ごしやすかったっす。

ドナ・サマー

2018. . 05
ドナ・サマー。 ドナいやねんってくらい、晴れが続いてるサマー、の略です。

32.jpg

ペプシを呑んで、エネルギーを補給だ! 一缶で240キロカロリー。ちなみに100グラム相当のショートケーキ一個は300キロカロリー超えてます。 たまにはこういうの飲んでエネルギー入れとかなあきません。

IMG_4064.jpg

さて、先日言っていた我が社のクーラーですが、あまりにも働かないので、開けました。
う、むむ……わからん。
基盤がかんでるともう解らん。
レシーバーがむちゃくちゃ熱くなってるから、たぶん負荷抑制装置的なものが邪魔をしてるのだろうというのはわかるんだが、ってことはコンデンサーの冷却能力がこの暑さで働いてないって事か。だとしたら気温が下がってクーラーが効くようになる理屈は通る。
ってなわけで、対処不能。

IMG_4066.jpg

ゴム手袋の中が汗まみれでございますよ。

IMG_4067.jpg

IRSのブーツ破れ・・・ではなく、ブーツ外れ。カシメが外れてるんで、分解して修理します。

IMG_4068.jpg

が、このCVジョイント。うっかりしてたらバラバラになる。そして再度組み付けするのに苦労する。
わしゃわしゃグリスにまみれて作業していて両手が離せないのをいい事に、蚊が二匹三匹と私の腕に。ちきしょー!

なんか、たぶん色々想定外の暑さなんだと思う。
実際気温は36度とかそのあたりなんですが、日光が照りつけてる地面付近とか、建物内の室内屋根付近とかは40度くらい軽く超えてると思うんですよね。

今時の車やバイクはほとんど水冷ですけど、どのくらいの外気温までを想定しているのかなぁ、って考えます。

空冷ワーゲンは少なくとも、WW2で北アフリカ戦線に進出した実績有りますから、まだこの暑さくらいなら大丈夫ですよ。
と、エジプト・カイロの気温見たら、日本の気温と変わらねえ……たぶん、湿度と輻射熱の分、日本の方が体感的には暑い。

もしかして今世界一暑いの、日本じゃね?

日本国民は皆、ホットスタッフですな!



ミゼットミゼットミゼット!

2018. . 02
IMG_4054.jpg

小さな巨人というと、70年代タカラ(現タカラトミー)がかつて玩具展開していた、てのひら大の可動フィギアでして、まあ40代くらいのおっさんなら一度は手にした事がある玩具かなと。その後リメークされたみたいですが、そっちのほうじゃありません。

そんな「ちいさな」の名を冠する軽三輪の雄といえば、ミゼット。
太平洋戦争以降、オート三輪という巨大な三輪車が闊歩していた時代から少し遅れて、庶民の足として大活躍し、最後の最後まで生き残ったのがミゼットでございます。

今でも昭和ライクな映像媒体には演出としてよく登場しますし、ご覧になった方も多いと思います。
ま、こんな車両でも車検は有ります。軽自動車と同じラインに入ります。

しかし、狭い。そしてやはり暑いのですが、三角窓と、足下のフラップのおかげで走るととても涼しいです。
この足下のフラップは、かつて51年のスプリットに装備されていたクラッチクーラーというものと同じと考えていいと思いますが、ざんねんながらビートルではその後継承されずに52年時には既になくなっています。有ったらずいぶん涼しいと思うんですけどね。

が、とりあえずエンジンが運転席のすぐ隣にあるので、とにかく煩い。そして遅い! 60キロ出ればいい方か。

まあ、当時の狭小な入り組んだ道の街乗りと考えれば、その程度で充分なんでしょうけどね。

IMG_4055.jpg

一撃で合格してやったぜ!

検査官もほぼ見る事がないので、珍しがってニコニコ首をかしげるのですが、まあ一番盛り上がってたのはシルバー人材系の警備員のおじいちゃん。
「コンちゃんがCMしとったな?」 とか私に訊かれても、生まれてませんがな。(ちなみにコンちゃんというのは元気はつらつオロナミンCでお馴染みの、大村崑さんで、爆発的ヒットのきっかけを作ったCMだったそうな)

こんな乗り物が走っていた時代もあったのだなと、しみじみ。

と、よく考えたらこれ1967年製。ビートルが「お医者さんの車」と呼ばれるのも無理はなし。

しかし、ミゼットはそんな庶民らの生活を支えた、まさに「小さな巨人」であったのだと、上手い事まとめたような終わり方をして、今日はもう帰ろう。

シングルポートヘッド

2018. . 01
倉庫を整理してたら、やたらとシングルポート用のマニホールドが出てくるんですよ。
シングルポートというのは、1200ccを除く、1300cc以降つまりF型エンジンベースの、タイプ2標準の1500cc、H型エンジンに搭載されているヘッド形状をいいます。これ以降1300ccはデュアルポート化してAB型、1600ccをADと、まあ枝葉が広がるようにバリエーションが増えて、モデルも複雑化してゆきます。

そんな進化途上の1500ccというのは、私の中では結構好きなエンジンでして、ものにはよるのでしょうけど、感覚的には1200の軽快さと、1600の力強さの」両方がバランスよくマッチした、小型車っぽい走りをするエンジンだと思っています。

じゃあ、在庫の材料を使って1基作ってみましょうよ、と思い立ったのが先々月の事。組かけのところ地震でわやになり、嫌になって止めてたんですが、放っておいても小人さんがきてくれるわけでなし。一念発起で重い腰を上げます。

IMG_4048.jpg

中古のエンジンですからそれなりにダメージのあるものもあります。中古部品を使うときはこのあたり、特にエンジンはよくよくチェックしないとせっかく組んでも無駄になります。 これは洗ったあとのヘッド。燃焼室内に打痕ありますねぇ……さてどうだろう。
当たり前ですが、ヘッドはエンジン一基につき二個必要です。

IMG_4049.jpg

程度のいいのが見つかった、と思って、洗っても、チェックしたらこの通り。バルブガイドのところに亀裂が! つかえねー!

IMG_4050.jpg

さらにめげずに別のを持ってきてみると、よーく見ないとわかんないですが、ポート間に亀裂が。こいつも使えねー!

IMG_4051.jpg

もう二個も洗っていい加減嫌になってたんですが、でも見過ごす事も出来ないのでさらにもう一個洗ってみる。今度は亀裂ないよね! オッケーだ、いける! と思ったんですが、なんかプラグホールでかくね? でかいよね? っおおおお! プラグがガバガバ! なんでこんなヘッド残してたんだ。 つかえねー!

というわけで、四個もヘッドがダメでした。こうなりゃ部品も単なる鉄くずです。

シングルポートのヘッドはリプレイスされてないので貴重なんですけど、直すほどに価値があるというものでもない。ゴミとしてしまうのは少し抵抗有るので、また置いておく事になるとは思いますがw

IMG_4052.jpg

そんなわけで、最後の望みの一個を、ドブ漬け洗い。なんちゅう手間のかかる仕事だ。

 HOME