FC2ブログ

時計を動かせ! 3

2018. . 04
いや、地味すぎて。
この企画。盛り上がらんわ。

IMG_4584.jpg

修理の基本として、予測考察からの原因追及を行うのはセオリーですが、時としてその順番がやや前後して、分解観察という手段を執る場合があります。
というのも、見てみなければ判らない。開けてみなければ判らない、バラしてみなければ判らない。

そういう事がよくあるからです。トラブルシュートの材料が少なければ、現物を観察して故障か否かを判断するのが手っ取り早いのです。

IMG_4585.jpg

うお……時計のコイルとかよくわからんし。
とりあえず外れたけど??

IMG_4586.jpg

ビニールをムキムキ。
あっ! なんだこれ、なんか断線してる! これだ! 線が一本足りなかった電線だ!


――――ところでパンストがダメになることを何故、電線というのですか?

――――もしかして…………伝染?

こっそり隠れて、彼女のパンストを履いてみました。
しかし足指の爪をちゃんと切っていなかったため、引っかけてパンストをほつれさせてしまいました。パンストとはなんと難しい穿き物でしょうか。

うおおっ! なんだこの感覚は! 今までに感じた事のない肌触りだ! 新・触・感(はーと)

僕が鏡の前で恍惚としていると、背後に、怒りを露わにした彼女が立っていました。
「――ちょっと! なにやってんのよ! もう変態!」
パンストを履いたまま僕は振り返り、慌てて言い訳をひねり出した。

「チッ、違うんだ! これは君のパンストが僕に伝染したんだ!!」


というエピソードが過去にあったのだろう。
そうに違いない。



スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://chelm.blog37.fc2.com/tb.php/949-53daa27a