FC2ブログ

災害続きですなぁ

2018. . 06
IMG_4292.jpg

災害ってのは、実害を受けた当該の地域や人々は当然ですが、やはり周囲の環境や精神的ダメージへと波及してゆく事も災害の一部と言えましょう。

平和というのはある意味で、後退的な思考がない事を指すのではないかと思います。
要するに心配事というやつですね。

もしかしたら今度は自分の地域に台風や地震が来るのではないか、そのために備えておこうという心構えは大切です。
よく言われるように、日本という国は火山の上、プレートの継ぎ目にある国であり、逆に言うとなんでこんなところに住んでいるんだというくらい、危険地帯だと言えます。

IMG_4293.jpg

降ろす時あんまり撮れなかったので、悦んで撮ってます。
しかし、狭い。

IMG_4294.jpg

はい合体。

とりあえず落ちなくてよかったです。

一説によると日本列島は活動期に入っているとかで、どこで地震が起きてもおかしくないらしく、事実上地震は予知不可能であるというのは過去の事例を見てももはや確実と言えそうですから、もう運しかないです。逆に言うと一度大きな地震が起きたところは近年中は起きにくいともいえますから、そこが安全地帯なのですけど、そのために引っ越すというような酔狂な人はまず居ません。

というのは地元愛もありますでしょうが、生活の全てをかなぐり捨てて、新天地で新たにやり直せるほど潤沢な資金もバイタリティも、普通の人は持ち得ていませんから、結局お金持ちやら権利持ち、あるいは特定の技量技術を持った方などが移住という、災害回避を行えます。

極々一部で有名な話では、火星に有人飛行を行いたがっているのは、地球が滅亡、あるいは人口増加で食糧難になり住めなくなった場合を想定しているとかしていないとか、そんな話があるのですが、いやはや長大な話だと思います。

もちろんその場合でも優先されるのは、特権的階級の人たちで、貧乏人は置き去りにされます。

ま、私が死ぬまでに火星移住が実現しているとは到底思えないので、どうでもいいですが。


スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://chelm.blog37.fc2.com/tb.php/930-6f997646