FC2ブログ

或る夏の日

2018. . 15
今日は最高に暑いな。もはや熱いといっても差し支えなし。

さて、昨晩とあるミッションに参加しました。

IMG_3930_201807152025077c9.jpg

ペヤングソース焼きそば ギガマックス

もはやペヤングというメーカーは、面白いかどうかで商品化しているようで、関東勢にこの様にやられているのは関西としては残念なのですが、まあ、それはいいとして。
これを買って食べようと。

ちなみにどのくらいデカいのかというと、容器の容量が約1.5Lある。作るのに1.3Lもの熱湯が必要。いわゆるペヤングソース焼きそばノーマルの4倍と考えて良いでしょう。
注意書きに小さく「一日一食にしてください」と書かれているのですが、すくなくともこれを一度食べれば、一日何も食べないでいいくらいのカロリーを摂取できますし、胸焼けで何も食えないと思います。

以下製作風景

IMG_3926.jpg IMG_3927.jpg IMG_3928.jpg IMG_3931.jpg IMG_3932.jpg IMG_3934.jpg

まあ、今回は5人もいたんで、一人前も食べてない事になりますが、それでも、もういらんわ。
でも思ったんですよね。これ、パーティシーンなら活躍するんじゃないかと。子供とか悦びそう。

とりあえずネタになるなら一度は買う、という我々みたいなのがいるから、メーカーとしてもある程度の売り上げは見込めるのだろうなと。いわば「インスタ映え」に代表される販売戦略か。 とかいうと途端に面白くなくなるからやめとこう。

さてさて、そんなネタで目を引きつつ本題。

IMG_3936.jpg

ビートルのノーマルホイール、4.5Jの15インチ、鉄ホイールですが、重量は7.3キロあります。

IMG_3935.jpg

対して、ドイツのアルミホイールATS。上質な当時ものですが、こちらは6.1キロ、なんと1.2キロも軽いんですね。
ホイールというのは、人間で言う靴のようなものです。

もはやあまり聞かれなくなった話ですが、よく、バネ下重量1キロの軽量化は最大約15キロの軽量化に相当すると言われます。
一本につき1キロ軽減されるという事は、60キロも車重が軽くなったのと同等の効果が出ます。
軽いホイールはあきらかに走り出しが軽くなります。路面の追従性も良くなります。当然加速も良くなりますから、そういった様々なメリットをさして、1キロにつき15キロの軽減という表現をしているのでしょう。

最近はノーマル指向の方が増えて、すっかりアルミを装着するという事が減りましたが、走りの面だけをいえばホイール剛性も上がった上、軽量化されるのですから、メリットしかないといってもいいでしょう。(無論、アルミは高品質なものを選ぶのが前提です。ドレスアップ目的に傾倒して、実際には鉄より重いだとか、幅が広すぎるだとかで、デメリットを生み出すような事もあります)

私個人はずっと、パナスポーツのフォーミュラ1(5キロ台)を履いています。非力な1200ccならなおさら、軽量化は重要です。

何度か言っている事ですが、軽量化というのは技術のいる分野でして、素材から加工技術、設計と、すべてが成熟した上で実現されてゆきます。宇宙ロケットのフェアリング容量にどれだけの質量を収められるか、というのが非常に重要な意味を持つのと同じく、どれだけの質量のものを、限られた動力で動かす事というのは、省エネルギー化につながる技術課題です。

が、あまりこのあたりは追求されていないと思われ、相変わらず普通乗用車は1トンを超えてます。最近じゃ軽自動車も1トン超えというものもあり、クルマはどんどん重くなっているのは間違いありません。

メーカーが自動車の軽量化に本腰をいれないのは、エンジンやモーターの高効率化よりも軽量化の方が圧倒的にお金がかかるから、という事は言えそうです。あとは軽くすると重量税が稼げなくなるから、政府としても軽量化はして欲しくないんだろう。

IMG_3937.jpg

そんな事思うこの暑い日に、豆腐うどん。

ぶっかけうどんに、冷や奴を投入しちゃった! 遂に生まれた素敵な、和のコラボレーション! 食欲のないそこのあなたも、流し込むように食べられます! 豊富なタンパク質と炭水化物が一気にとれる、滋養栄養食!

コツとしては、先にうどんをつゆでほぐしておく事ですね。


まあ、


特にうまくはないです。

いや、むしろ、豆腐とうどん、どちらも楽しめない。今度は納豆も載せてみようかと思う。

ぜんぶ、暑さのせいなんや……

スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://chelm.blog37.fc2.com/tb.php/891-2fcafb35