FC2ブログ

1969 VWビートル かっこよくて速いぜ! そして激安!

2018. . 11
今回ご紹介の車両は、1969年式 ビートルでございます。

DSC_9306.jpg

現状販売車両ですが、塗装の艶も良く、ご覧の通り全体的には綺麗な車両となっています。(所々エクボ、塗装ハガレなどはありますが、そのあたりはご愛敬)
サムネイルをクリックするとでかい画像になります(1M単位)

DSC_9306_201807112101483f6.jpg DSC_9306_20180711210151885.jpg DSC_9309.jpg DSC_9311.jpg DSC_9314.jpg DSC_9317_20180711210156276.jpg DSC_9321.jpg DSC_9324_20180711210159d65.jpg

ディプレイの環境によっては黒にみえるかもしれませんが、シックな濃紺です。
年式は69年ですので、本来は12ボルトのタテ目アイロンテールですが、ボディパーツ換装で、いわゆる6Vルックとなっています。
それと共にローダウンで、非常に落ち着いた感じの車両となっています。

DSC_9317.jpg

DSC_9332.jpg DSC_9335.jpg DSC_9339.jpg DSC_9342.jpg DSC_9349.jpg DSC_9351.jpg DSC_9353.jpg DSC_9376.jpg DSC_9379.jpg DSC_9382.jpg

おそらくこのクルマが制作されたのは(今のスタイルに作り替えられたという意味)90年代くらいだったのかなぁとは思いますが、結構お金かかっています。ここまでの形になるにはまあまあ大変です。
ホイールドラムも前後とも5穴化してます。フロントリアエプロン共にパネル交換されてますし、事故痕らしいものも見受けられません。ボディはしっかり作っていると思います。

内装は賛否ありますが、Scatからリリースされていたプロカーシートのセット、天井もカーペットも綺麗です。ダッシュ周りはこの当時の流行で、メーターを並べてますが、切り取り加工をしていないので純正状態に戻す事も可能です。(長年の間にイロイロ取り付けた穴が多いですが)

純正のポップアウトウィンドウもついてます。これ、夏にあるのとないのとでは全然違います。気温にして5度は違うと言っていいでしょう(個人の感想です、ちなみに角度ではありません)

そしてこのクルマの最大の魅力は、速い!

DSC_9324.jpg

DSC_9360.jpg DSC_9363.jpg DSC_9365.jpg DSC_9370.jpg DSC_9387.jpg DSC_9391.jpg DSC_9394.jpg DSC_9400.jpg

搭載されたパワーユニットの構成からして、おそらく1835ccだと思います(すみませんここのところは開けないとはっきりしないです。 *ちなみに車検証上は1.3です) ウェーバーツインにシングルクワイエットという、スタンダードな構成ですが、前オーナー曰く、140キロは振り切ったそうです(日本のどこで出したかは知りません、もしかしたら重さの事かも知れません、なんの?)

このシックな面構えにして、獰猛なパワートレイン。 まるで外は紳士、中身は野獣のようではありますまいか。 危険です、危険を感じます。

厭っ、私そんな変態紳士とお付き合いしたくはありませんわ! ……いや、でも、ちょっと素敵かも……。 という、お嬢様にはめくるめく体験をしていただけるかと。

DSC_9397.jpg

DSC_9404.jpg DSC_9407.jpg

特筆するほどではありませんが、トランク内も綺麗に収まっています。丁寧に作られたという印象ですね。
現在もてはやされているストック状態とか、ノーマルという言葉からは縁遠い存在ですが、この様な弄られたクルマの良いところは、すべてが自分オリジナルであるという点です。

これは私の考え方でもありますが、自分の車なのだから「好きなスタイルで乗ればいい」と思います。純正だとか、オリジナルだとかいうのが悪いとは言いませんが、その言葉に縛られて楽しめないというのでは本末転倒、自分の乗るクルマを自分色に染めるというのもクルマを所有する楽しみ方の一つだと思います。

無論、そのための加工や改造に関して制約を受ける事もままありますが、特にこのあたりのクルマは規制がまだ多くかかっていない年式ですので、わりと好きに触る事が出来ます。総じて、そういった特徴から、自分だけの車を作りたい人向きの車両かと思います。もちろん気に入っていただけるならばこのままでも充分かっこいいと思います。

DSC_9492.jpg

DSC_9453.jpg DSC_9458.jpg DSC_9459.jpg DSC_9462.jpg DSC_9465.jpg DSC_9492_20180711214949c9d.jpg

車検残りは30年10月までと、残りはわずかですが、この仕様のままでももちろん車検通ります。
基本的には現状販売です。画面上でついている部品などもそのままです(キャリア、アイブロー、シルガードなど)

今回も激安でご提供しますので、今年こそビートルを買うぞ! とお考えのあなた、ぜひ候補に入れてください。
一人でも多くのワーゲンオーナーが増えてくれると嬉しい限りです。

現状販売価格:128万円 (税抜き) 車検登録諸費用は別途必要です。
 
お問い合わせは: メールフォームより(メールフォームが開かないときは→chelm@nike.eonet.ne.jp )もしくは 072-626-5453   ヘルム永沼まで。



スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://chelm.blog37.fc2.com/tb.php/889-90b56a37