リアハブベアリング

2018. . 01
さて、本格的に連休に入りましたな! どうですかみなさん!

先日のタイプ2のハブベアリングに引き続き、今度は1302のIRSのハブベアリングでっせ。

IMG_3207.jpg

予告していた作業です、が――部品の注文忘れてたので交換までには至ってません。
が、こんな感じですという話。

IRSってのは大納言みたいな名前のアームで車軸を保持していて、駆動だけを担当するドライブシャフトと分担して、リアの懸架と駆動を行っているのですな。今の独立懸架方式の車と大体構造は同じです。

ですんで、エンドのシャフトと、ベアリングは非常に重要でして、それを支えるベアリングにも非常に強い力がかかっています。

IMG_3208.jpg

これはアウターベアリング。グリスが切れかかっていますね。潤いがないです。

IMG_3209.jpg

そしてこちらがインナーベアリング。玉がなくなってます。
飛んだ球はどこに行ったのか? いつもの事ながら謎です。削れて亡くなるとは思えないし……叩いたときに飛ばしてしまったのか??

潤いがないのも玉がないのも、どっちにしても不具合ですんで、迷わず交換したしましょう。

ではではー

スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://chelm.blog37.fc2.com/tb.php/833-b9210276