夏日

2018. . 21
今日は夏のような暑さ、とも言われてますが、過ごしやすいっちゃあ過ごしやすい一日でございました。
ここ最近というか十数年は、この時期にこういう日があるのが結構普通になってまして。

えーと以前にも夏は5月からといったことを申しました。つまり、5、6、7月が夏で、以下秋、冬、春、と振り分けられております。
私たちの感覚では6月から8月までが夏、という感じですよね。

これは旧暦の1月、つまり睦月がだいたい2月にあったことで、ずれているのです。
いわゆる旧正月ってのが2月のアタマにありますよね。ですからほぼほぼ一ヶ月ずれて、睦月ってのは今の2月を指すわけです。
そうすると、如月が3月、弥生は4月ってことでして、春の終わりなんですな。だから暑くて当たり前、と。

毎度毎度混乱するような話ですが、そういうことです。

IMG_3132.jpg

さて昨日のヘッドライト。結局解決策としては、三つ爪のH4タイプを使用するシールドに交換が、現実的な対応です。
そのためには、シールド本体と、レシーバーというマウントが必要になります。完全換装するには少々お金がかかりますが、仕方がありません。レシーバーはいわゆるシールドビームを使っていた時代の名残で、74年くらいから採用されたラウンドタイプのバルブ方式よりも古い形式ですが、これが付いている年式の方が汎用性が高いというのは皮肉なものです。
VHSとベータみたいなものですな。

IMG_3133.jpg

ちょっと嬉しくて撮影してしまった。
ばっちり光度が出てますね。26300カンデラ。 やっぱりレフの状態のいいものを使うと違います。バルブメーカーや車両側の問題もあるかとは思いますが、ちゃんとしたものなら、けして現代車に引けをとらないほどの明るさは出る、という見本のような話です。本気でヘッドライトを明るくしたいという方は、ご相談ください。

IMG_3134.jpg

あと、ちょっとした注意というか、こういうこともあるんだよという話。

これ、新品のドラムなんですが、タップ切ってます。ネジ山の修正ですね。

IMG_3136.jpg

たまに、ロットによるのかもしれませんが、もともと切ってるネジ山がいい加減な時があります。そういうときはホイールボルトが奥まで入らないことがあるんですよ。それを強引にねじ込むと、抜けなくなります。
これは製品状態でドラムを貫通して、きれいにタップが切れてないからなんです。奥の方がちゃんとネジ山が出来てないから、ボルトを潰す、潰れたボルトを抜こうとするとまともなネジ山も潰すという寸法です。このワンアクションだけで新品ドラムがジ・エンドします。
メードインジャーマニーでもこのクオリティ。
買ってそのままつけられない部品がある。それがインポートパーツスタイル!

信じてはいけない


スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://chelm.blog37.fc2.com/tb.php/825-cb0f0f1a