メキシコのオルタ

2018. . 18
メキシコシティ郊外に住むアレハンドル・オルタは働き者の男で、常日頃から中心的な役割をする人物であった。
ところがある日、彼は仕事中に突然息を引き取った。不眠不休ともいえるほど常に動き続ける彼の身体は酷使され、遂にその寿命を迎えたのである。
仲間達は悲しんだ。起業してから20年、ずっと一緒に働いてきたのだから当然、その死は重かった。
しかし、問題は彼の亡骸をどう回収するかであった。

IMG_3124.jpg

というわけで、20年間頑張った、アレハンドル・オルタさんは逝去なされましたが、インジェクションであるメキビーは、非常にオルタが交換しにくいです。以前にも記事にしましたが、まずDIYじゃ出来ないと思います。
このくらい外さないとまずとれないと思ってください。

はっきりいうと、エンジン下ろして作業した方が楽かもしれません。私は車載でやりますが。

IMG_3126.jpg

それほど頻繁に壊れるものではありませんが、消耗部品であることは間違いありません。
幸い、この車のオルタは新車時から20年保ちましたんで、長寿に入る部類でしょうが、中には五年くらいで死んだケースもあります。

そのせいで、プーリーは固着してぬけんわ、おまけに裏のファンまで道連れで逝ってました。

IMG_3125.jpg

クーリングファンのハブが完全に丸穴になってしまってます。まあ、タイミングよかったっちゃあ、よかったのだろうけど。
90年代のメキビーもそろそろ、20年ですから、あちこちきますよね。

60年~40年選手のドイツ人は言わずもがなですが。

スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://chelm.blog37.fc2.com/tb.php/823-16525cf3