ヘッドライトLEDは

2018. . 08
最近トレンドなLEDヘッドライト。

IMG_3008.jpg

ノーマルがあまりに暗いので検討。

IMG_3009.jpg

3500カンデラ・・・車検通過不能。絶対無理。

IMG_3010.jpg

LEDにしてみましょうか! っちゅーことで、割と安い、バックスペースをとらないタイプのLEDを購入してみました。

さてどれだけ実力があるのか? 一応6000ルーメンと書いていましたが、この手のものは全く当てになりません。

IMG_3011.jpg

いざヘッドライトを開けてみると、ああ、ラウンドタイプのバルブですやん! H4タイプのバルブは付きません!

これ67以降、からつかわれたリムとヘッドライトASSYが一体化してるタイプで、リフレクターが別体式、密閉されてないのでリフレクターがよく傷んで、ヘッドライトの光量が出ないモノが多いんです。

この手のヘッドライトが付いてる車体にH4のバルブをつける場合は、ヘッドライトレシーバーとリムとヘッドライトレンズの交換が必要となります。なのでとりあえず全部交換前提で、せっかくなので三種類を比較してみようと思います。

まず

IMG_3012.jpg

シールドビーム。 レンズそのものがバルブになっている、古いタイプの電球ですね。

IMG_3013.jpg

エンジン回転数上げない状態で、9600カンデラ。 まあ、普通というか、合格点15000カンデラですから、吹かせばなんとかなるかな~って感じ。

つぎ

IMG_3014.jpg

H4のハロゲンバルブ。 IPFのバルブキットです。 こちらはビートルハウスさんで扱ってるリーズナブルなモノです。スモールランプ付きで助かります。

IMG_3020haro.jpg

おお、さすがハロゲン。 13800カンデラ。 まあ及第点ですね。じゃないと困りますが。

つぎ

IMG_3017.jpg

LEDはしばしばバックスペースに収まる機器の部分が問題になる可能性があります。
このくらいならビートルのオカマに収まりました。

IMG_3018.jpg

期待のLED! おおまぶしいぜぇえ! これはすごいんじゃないのか!

と。

え?

IMG_3019.jpg

10700カンデラ……。

ハロゲンより暗いっす。

なんとなく想像してたけど。ちなみにLEDなんで、吹かしたところで明るくはなりません。
そして光軸もむちゃくちゃ外れてる。同じ条件でバルブだけ変えて計測してるのに、LEDをつけるとあらぬ方向にヘッドライトが向きます。そもそも作りがだめなんだな。

使えねぇ。

使えねぇぜ。

使わねぇよっ!

そんな訳で。 
安いからだめだったのか、相性が悪いのかまではわかりません。
おそらく、何万円かするくらいのモノなら、ちゃんと光軸もでて、車検基準も満たすんでしょう。

どうりで、アホみたいに眩しいヘッドライトの対向車がいるわけです。
ありゃあ、安物のLEDバルブを自分でつけて光軸調整してないんだろうな。

安物は車検のないようなバイクとかに使っておくのが吉かと。
安物でもLEDですからノーマルよりも消費電力は低いだろうから、その点くらいがメリットと割り切ることでしょうな。


そんなわけで、今日の格言だ!

「安物買いの銭失い」

私は先人の知恵を体現したのだ!
みんなも是非やってみてくれ!



スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://chelm.blog37.fc2.com/tb.php/817-74b663df