桜フィーバー

2018. . 28
あっしも、例に漏れずに桜の話題なんぞをするのですよ。

この天気のいい日に店にこもっているなんて罪だ! と私は車検に出たわけです。

IMG_2880.jpg

なんとまあ、ほぼ満開に近いのではと。

IMG_2871.jpg

天気もいいし、週末は花見日和だなぁ――――――雨降ればいいのに……とか思ってないですよ! 全然! マジで!

IMG_2879.jpg

ちょこっと寄り道して、桜の名所的なところを覗いてきました。
そして、そんな私のことを窘めるかのように、大きく開いた窓から、ひとひらの花びらが舞い込み――――

IMG_2870.jpg

「ねえ、桜はなんで春に咲くか知っている?」

「え……? そりゃ、君たちにも生物学的な事情があるわけでしょ、植物界の生存競争の結果じゃないの?」

「もう、ばかね」

「ええ?」

「私たちが大きく枝を広げて、春に花を咲かせるのはね、これから訪れる新しい環境に不安になってる人を応援しているのよ!」

「でも、ボクには君たちが、気温に応じて好き勝手に咲いているようにしか見えないけど?」

「もう・・・・・・今あなたは、上を向いてるじゃない!」




とか、そんな妄想をするくらい。

私の心の中は平和だった。

月末の戦々恐々をしばし忘れるほどに……うおお、三月終わるぜ。
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://chelm.blog37.fc2.com/tb.php/808-7d8f5b07