FC2ブログ

デンソー

2017. . 01
IMG_1577.jpg

電装系ってのは、見てるとなんとなくわかってきます。
ひたすら配線をたどるしかないんですけど、古い車でタコ足配線になってるようなのは、あっちこっちから枝が増えてわけが判らんくなっているのも多いです。

IMG_1576.jpg

こういうのを、綺麗にまとめて、シンプルに、古い使っていない配線なんかは切除して整理すると、後々のトラブル防止にもなりますし、トラブルシューティングもしやすいものです。
ついでに配線の色なんかも合わせておくといいんですけど、ま、そこは雰囲気で。

IMG_1578.jpg

何度か言ってますが、この頃のドイツ車の端子ってのはろくでもない。剝き出し端子で、トラブルが多いんですよ。プラス側は銅の板で電球の端子を抑えるような構造なんですが、剝き出しのため腐食しやすくて、通電不良につながる。

さらに、ランプ周りの台座はアース端子も兼ねてるので導電性のあるアルミ合金を使っているのですが、鉄とアルミの間に電気を流すと、電位差が発生して錆びやすくなります。で、マイナス側は通電不良を起こす。

電球ソケットはやはり鉄で出来てる日本製が素晴らしくいいです。

IMG_1579.jpg

外国人って、こういうソフト面の設計はすごく下手くそだと思う。
なんなんでしょうか。日本車ってあれだけ電装部品ついててもほとんどノートラブルなところはすごい。
外車は(特にボッシュ)壊れるよなぁ……お察しの通りベンツもBMWもボッシュ大好きですから、そりゃトラブルおきます。

ま、そのへんがご愛嬌というか、ソフト面が完璧だとヨーロッパ車って素晴らしくいい車になっちまうので、ウィークポイントあってちょうどいいのかもねぇ。


スポンサーサイト



comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://chelm.blog37.fc2.com/tb.php/686-496e8889