6Vバッテリーのカバー

2017. . 23
あなたの「欲しかった」をサティスファクションする、かもしれない掘り出し物夜市です。

今回ご紹介するのは、6ボルトバッテリーのトップカバーです。
こんな部品何の役に立つのかと、まあお思いかもしれませんが、現代においてはほぼ無意味ですよね。
6V時代のバッテリーをバンドで固定するために必要だった部品です。マニアな一品です。

IMG_1311.jpg

表面錆びありますが、しっかりしています。

IMG_1312.jpg

裏も同様、まだまだ塗装すれば綺麗になります。

IMG_1313.jpg

硬質ボール紙も生きてます。

ビートルのバッテリーというのはリアシートの下にあるんですよね。で、その当時のバッテリーというのは開放式といいまして、バッテリー液がダダ漏れだったんです。内圧が上がれば液が漏れ出すように各セルのスクリュー蓋に弁が付いてたんです。
ですから漏れ出した、バッテリー液はフロアに垂れて、フロアの鉄板を侵食して穴を良く開けたんですな。
ワーゲンのバッテリー部分の腐食、というのはそういう時代の名残なんですが、これは12ボルト時代でもよくありましたので、それらを防止するためにいろんな工夫がなされました。当然液も減るので、補水という作業が欠かせなかったんです。

こういったことを気にせずにいられるようになったのは、MF(メンテナンスフリー)バッテリーが登場してからで、それまではどんな車でもバッテリー液(希硫酸)によるボディの腐食には悩まされてきたんですね。
今じゃリチウムだとか、いいものも出てきてるようですが、もうちょっと小型化できないもんですかねぇ? 出来そうですけどねぇ?

というわけで、

6Vバッテリートップカバー、ご奉仕します。

販売価格:3000円

必要な方はchelm@nike.eonet.ne.jp メールか、もしくは072-626-5453までお電話ください。
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://chelm.blog37.fc2.com/tb.php/659-5a83151b