日産バネットのプラグ交換

2017. . 21
只のプラグ交換記事です、が。

今までは消耗品とされていたプラグも、最近では耐用10万キロという、消耗品扱いではなくなりつつあります。
というのも、イリジウムプラグというのが出来たためです。

10万キロ交換しなくてもよいという事は、それ以内で車を買い替えてしまう人にとっては、気にしなくてもいいというものになるんですな。だから、プラグの交換も簡単にできなくともよいという事になり、ほとんど外側からは直接アクセスできない位置にあったりします。

IMG_0901.jpg

このエキマニの下にあります。とうぜん外さなくてはプラグ交換はできません。

IMG_0902.jpg

やっちまえばどうってことありません、三十分もあれば出来る作業ですが、交換する部品と作業量を考えると「めんどくさい」のほうが先立ちます。というかこういう車の場合、車検の点検項目にプラグは入らないよな、って思います。

IMG_0903.jpg

これが外したプラグ。それなりに消耗してます。
で、今回初めて知ったのですが、プラグサイズが14ミリなんですな。これまで一番小さいサイズはCプラグといって、16ミリだったんですが、それよりさらに細い。専用のプラグレンチがないので、仕方なく14ミリのディープソケットを使いました。

たまに現代車を触ると、色々な違いを発見しますね。
そして、自分の無知さを思い知ります。



スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://chelm.blog37.fc2.com/tb.php/613-955d6092