ワイパーの話

2017. . 10
あんまり役に立たない情報ですが、誰かの役に立てば幸いという事で。

IMG_0812.jpg

引き続きですが、ビートル74年式STDのワイパーモーターです。
これ、ワイパーピボットがデラックスバージョンとは違うんですよね。
同年式のピボットはナットで締めるタイプなのに対し、ワイパー側で締める旧年式方式なんです。

IMG_0814.jpg

左が最終型の、所謂現在の国産車なんかにも使われているような、一般的なピボットシャフトです。
古い車は、ただの軸にワイパー側のボルトで締めこんで固定するという、あまり確実性のない締め方をするんです。ですから古くなったりしてくると、軸ずれが起きてワイパーが空回りしたり、取れてしまったりします。

IMG_0813.jpg

見ての通り錆びて使い物になりませんので交換ですが、これ現在リリースされてるリプロの部品はないんですよね。
じゃあ、旧年式のピボット使えばいいんじゃね? と思われるかと思いますが、軸寧も違うしアウターの径も違います。(旧年式はアウター径10ミリ、74STDは12ミリです)なんじゃこりゃ? な仕様なんですが。

IMG_0816.jpg

ならばと、高年式の12ミリを使えばいいじゃねーかと。その代りワイパーアームも交換しなきゃなりませんが、と。
しかしですね、次なる問題がでます。 なんとリンケージ側のピボットシャフトの径が違う。という事は高年式のモーターのリンケージを持ってこなくてはいけなくなる。もしくは加工が必要に。

一筋縄ではいかんのです。

IMG_0817.jpg

別にあれこれ加工するのが面倒という訳ではなかったのですが、実はウチに純正新品の在庫がありました。
ずっと「何の部品だろう??」と思って置いてた(だってサイズに該当する車両がなかったですから)のですが、まさかこんなところで使えるとは。

目からウロコ、というほどでもありませんが、まあ、今後もこのマイナーな部品がリプロされることはないでしょうから、どちらにしても高年式のものを加工して、ワイパーアームごと交換して取り付けるしかないとは思います。

そんなわけで、ワーゲン屋さんだけが参考になる話です。

スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://chelm.blog37.fc2.com/tb.php/604-9cade02b