2017. . 28
IMG_0714.jpg

エンジン積み下ろしサポートバー! 面倒ですがこれがないと死ぬ思いで積まないといけないことがあります。
ワーゲンのエンジンは比較的積み下ろしがしやすいのですが、例によりコツというものはあります。
やり方を知っていないと、バックから腰振りで攻めてもイッてくれません。そういうものです。

今日はアクスルシャフトの話。
左が68年以降、右が66から67の中途半端な長さのアクスルシャフトです。
中途半端な、と言いましたが、65年以前はショートアクスルと申しまして、リアのトレッド幅が狭いんですね。そのためリアタイヤがフェンダーの内側に入っているのが特徴です。昔はオフセットのきつい太いホイールを履きたいときになんかは重宝したらしいですが、今はノーマルホイールで鬼キャン、スラムドするのが主流なようです。

で、この二年間くらいだけ採用された66-67のアクスルシャフトのことを、ミドルとか呼ぶようですが。ロングとはこのくらい違います。

IMG_0718.jpg

IMG_0720.jpg

66-67はリアドラムも薄いのでこれでいいんです。68年からロング化して、リアドラムも太くなりましたから、やっぱ中途半端でダメだったんでしょうけど。

アクスルシャフトが違うってことは、アウターケースも当然違います。
左がミドルサイズ、右がロングサイズ。ビミョーな違いですが、間違うと大変です。ちゃんと組めません。

IMG_0721.jpg

IMG_0722.jpg

わかります? 解りやすくするために角材置いてますが、ベアリングの出幅の違いではなくて、ドラムのバックプレートの取り付け面が違います。

66-67というのはかなり異端で、特に67は専用部品ばかりで作られたエスペシャリィな、偉大なる失敗作ともいえましょう。
進化の方向を間違えた、というか、ジオン公国主力MSの競合で、ザクに負けたヅダって感じですね。解んない人は聞き流してください。
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://chelm.blog37.fc2.com/tb.php/592-b80160c6