キーのキー

2017. . 15
IMG_0460.jpg

鍵とは、人々の猜疑心が生んだ道具である。

と、しばしば思う事があります。

仮に全ての人が悪意を持たなければ、鍵という道具は存在しなかったはずです。
すなわち、鍵とは「悪意が形として現れたモノ」とも言い換えることが出来るかもしれません。

さて、そんな鍵ですが、しばしば鍵の組み換えという作業を行うことがあります。
これは大抵のシリンダー錠で可能な作業で、複数に分かれた鍵を一本化するときなどに行います。(悪いことには使いません)

その時にカギとなるのがこのシリンダーキーです。

IMG_0461.jpg

古い形のシリンダー錠というのはこれに類似した、複数のキーの組み合わせで鍵の形を決めています。
意味が解らないかもしれませんが、写真のシリンダーで9つのキーが入っており、だいたい三種類のキーが順列組み合わせでシリンダーに挿入されています。
つまり、組み合わせとしては、3種類が9スロットに順列なので、たぶんですけど504通りの鍵が出来る(と思う・計算サイトで計算したからよくわからん)いや、両面だからもっと多くなるか・・・ええと3の三乗×9の18乗か? わからん!

まあ、我々の仕事は鍵を作ることではなくて、鍵にシリンダーを合わせることなので、キーを一つづつ合わせてゆくだけなんですが。

複数キーになってしまってるワーゲンなどを何とか一本化したいという方はご相談ください。

スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://chelm.blog37.fc2.com/tb.php/559-aba4209e