建国記念日

2017. . 11
phonto_20170211221107333.jpg


建国記念日ですな。

そもそも建国記念日の成り立ちが怪しいという話は以前にもしたのですが、神武天皇即位日という事になっています。

一応紀元前660年の1月1日という事になってまして、これが日本の始まり。今年は皇紀2677年っつーことになります。
要するに、日本という国は2677年前からあるんですよ、ということなんです。

世界史対照年表

ま、神武天皇の存在を信じるか信じないかは別にしても、とてつもなく長い期間、日本という国は一国だった、という表ですな。
少なくともこれに近しい体制の国は他にはありません。

わたしゃ思うんですがね。

日本の歴史って、近代から時代をさかのぼって教えた方がいいと思うんですよ。
要するに、平成の入り口から昭和、大正明治、江戸とか平安時代とかさ、だって縄文時代から教えられたってピンとこないじゃん。

例えば自分の住んでいる土地がどうやって成り立ったかという事を教えているうちに、歴史に触れなくてはならんようになる訳であって、逆にいえば、清少納言が何やった人だなんてことは知らなくてもいいわけ。どうせ枕草子なんて誰も読んでないんだから。
自分に直接関係ない歴史なんて、後の後の後回しで構わないと思うし、なんなら大学院くらいで好きな人は学べばいいと思う。

だから日本人は、日本という国を体系的に捉えることが出来ず、結局国とは何なのかという観点から歴史を学べない。
だって、江戸時代と昭和平成が繋がっている感じしないでしょ? 政変のたびに歴史が代わっているような気になってるけど、実は国家元首は一度も変わってないの。(現在は国家元首を天皇とは明確に規定していない)

沖縄がどうやって日本になったか知らないし、北海道の成り立ちも知らない。尖閣や、北方四島の問題が目の前にあるのに。
某アジアの諸外国から色々言われてても、言い返すこともできない。
これ、学校が教えてないからなんです。教育機関が研究することをためらい、あいまいにして見過ごしているからなんです。
日本の歴史の授業がいつも時間切れで、近代史を端折るのは、やりたくないからなんだろうな、って思います。
ある意味で、日本も政治と教育が分離できていないんですね。

日本史の中のすべては、日本の国、一国の中で起きたことだし、日本の土地全てには歴史があるという事で、いまもその土地は現存しているわけ。

本当に今の日本人が知らなければいけないことは、ほかにたくさんあると思うんだがなぁ。
ま、受験生の皆さんはお疲れさま、ってかんじです。

スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://chelm.blog37.fc2.com/tb.php/506-c6596fa9