久しぶりの事故

2017. . 01
今回軽自動車ですが、久しぶりに事故のお仕事です。

IMG_0065.jpg

損害自体は単純な側面接触で、双方ともにけがなし、車両の一部を損壊、といった感じで軽微なものですが、最近は事故そのものがすごく減った感があります。

辺りを見回してみても、明らかに安全運転になっているのと、車にやさしい道路づくりが成されているという点はまず大きいでしょう。それと現在車に乗っている層がわりに高年齢に推移しているせいで、運転技術の習熟度が上がっているというのも一つでしょう。

あと、アグレッシブな運転をする人も、そういった車も減ったとういうのもありますし、自動ブレーキやら、警告ブザーなどで、事前に衝突を回避する手段が増えたこともあるでしょう。

他にも様々な要因はありましょうが、私が感じるのは、明らかに人々が平和になっているのだろうなという事です。

社会がフラストレーションを抱えていない。人々が落ち着いている。
昔なら、後ろからクラクションを鳴らされただけで、つかみ合いのけんかになったり――たしか過去に殺人事件にまでなった事例があったような気がします。

時代といえば時代ですが、車に乗るとどんな人でも利己的にはなります。
それが、自身の生活が荒れている、社会が荒れてる、もしくは安定感が薄い場合は、他者への憎悪となって現出します。
そのため運転が荒くなり、事故を起こしやすくなることもあります。
無論、これは傾向であって、事故を起こした人が皆そうだとは言うつもりはありません。

そういう意味では事故現場で『どちらが悪い』などと、もめにもめる、という風景も減っているだろうなと思います。保険の処理でもそれほどまでにもめているという話を聞くことは少なくなりました。

正直なところ、個人間でやりあっても水掛け論でしかありませんし、この不快な気持ちから早く脱したい、という感情のほうが先に立つためではないでしょうか。

そのくらい日常がパラダイスなんだと思います。

本当に、日本は平和な国だなと思います。

スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://chelm.blog37.fc2.com/tb.php/497-a41fc813