これは悩ましい

2017. . 27
IMG_0049.jpg

1969年、タイプ3のフロント足回りです。トーションアームがガタガタするってんで、点検してみたらガタガタ。

ホイールが付いた終端ではさらにガタガタが助長されますので、目に見えて動くんですね。さて、どうなっているのかと外してみます。

IMG_0051.jpg

このドロドロなのは汚れではなくて、グリスです。
中心をとおっているのが、いわゆるトーションバーというバネの一種です。
空冷ワーゲン系は1302と1302を除いて、すべてトーションバー形式です。
知らない人はあんまり想像がつかないかもしれませんが、バネ鉄の棒がねじれて戻ろうとする力を使っています。

この棒にサスペンションアーム(トーションアーム)が嵌合されていて、サスペンションとなる訳ですが、アームの軸受けになる部分にベアリングが入っているんですね。

IMG_0052.jpg

これ、中で砕けてました。 めったにつぶれないところなんですけどね。

さー部品注文だ―、と意気揚々と調べてみると、

ない。

部品がない。

さて、どうする! ピーンチ!

というわけで続く。

スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://chelm.blog37.fc2.com/tb.php/494-729f3065