灰皿の活用方法

2017. . 13
世は嫌煙ムード。

オリンピックにめがけてさらに絶煙活動キャンペーンは加速してゆくとみられます。
最近の車なんてそもそも灰皿の設定がなかったり、オプション扱いだったり。
高速道路のサービスエリアの喫煙所なんてもう、施設の僻地に追いやられて、「喫煙者は客じゃねぇ」ぐらいの扱いを受けています。

喫茶店とかも分煙しろだとか都内ではささやかれているようですが、昔ながらの小さい喫茶店でどうやって分煙にしろと。
うちの地元の喫茶店は入口にデカデカと「全面喫煙」と書いている。ま、この風潮を逆手にとって、『タバコ吸わない奴は来なくていい』というスタンスなんですな。

私が思うのは、タバコに害があるとかないとかそういうの別にして、皆が一極の考え方に、ファシズム的に傾倒してゆくさまが耐えがたく違和感で、それでいいのかと声を大にして言いたくなる時があります。

ま、それはさておき、昔の車はほとんどと言っていいほど灰皿というものがついています。標準装備です!
そのくらいタバコを吸う人が多かったという事なんですな。
しかしながら、最近は車の中で吸う人はかなり少なくなりました。それでワーゲンなんかに装着されてる灰皿も無用の長物と化しておる人が少なくありません。無論小物入れなんかにゃ使えますが、実際のところ使いにくい。

で、活用できないものかと。

IMG_2950.jpg

こうだっ!

これどうなるかと申しますと

IMG_2951.jpg

こうなります。

ちょうど灰皿の前にちょっとした台が出来た感じですね。
ダッシュボードが実質ないに等しいビートルは、現代のアクセサリー事情に鑑みたとき、装着場所には非常に困るものです。

こういうのを一つ作ると便利なんですよ。

IMG_2952.jpg

こんなふうに、ポータブルナビのプラットホームにできます。
写真では、下にもモバイルホルダーをつけて、オーディオプレイヤーを咥えさせています。
要らないときは取り外しも簡単にできますから(今回は灰皿にボルトナットで締結)便利です。

まだまだ可能性はある灰皿!

ついててよかっただろー!
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://chelm.blog37.fc2.com/tb.php/481-23313d25