クラッチワイヤ―

2017. . 12
空冷ワーゲンにはクラッチワイヤ―というものがあります。クラッチケーブルとも言います。

ビートル系で二メートルちょい、タイプ2になると三メートルくらいになりますので、乗用自動車に使用するワイヤーとしてはかなり長いです。空冷ワーゲンは延べてエンジンミッションが後ろにありますので、このような長いケーブルが必要になります。

つまりそれだけ切れるリスクも増えます。

IMG_2948.jpg

このケーブルというものは、複数の細いワイヤ―線をヨって作られてまして、いわばロープなんかと変わらない作られ方をしています。もっとわかりやすく言うと、作りとしては荒縄と同じです。
このヨリ線が一本でも切れると、次から次へと連鎖的に切れてゆきます。

「ああ、つり橋のロープが切れそう! 」 いったいどうなる! ピーンチ!

というシーンで、次々とロープが切れてゆくあの様子と同じです。

ただこの、一本だけ切れてるようなときは発見しにくいです。

IMG_2949.jpg

ここね。このちょろ。
ここが切れただけでクラッチケーブルは終わりです。

少なくとも、この一本が切れただけでも、クラッチミートの位置は明らかに変化しますので、最近前よりもミートタイミングが近くなった(いわゆる深くなる)な、と思われた方は、点検してみてください。
違和感を感じてからも、しばらくは切れませんが、ほどなく伸びきってクラッチが踏めなくなりますので、「アレ?」っとおもったらご連絡くださいませ。

スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://chelm.blog37.fc2.com/tb.php/480-ac3a9a82