バンパーの隙間

2017. . 11
ええと、日本の車検項目には「ボディとバンパーの隙間」というものがあります。

ボディとバンパーの間に隙間なんてあるかいな、と現代の車にお乗りの方は思うかもしれませんが、そもそもバンパーとはボディではありません。現代の車もバンパーとボディは離れてます。しかし、バンパーフェイスという樹脂カバーが上からかぶさっているため、バンパーが直接見えないようになっているのです。

まあ、最近はバンパーと呼ばず、バンパーフェイス裏側に隠れている鋼材のことをレインフォースメントなどと呼んだりしますが、要するに、クラッシャブルボディが当たり前になった現代では、バンプという衝撃緩衝の意味はなくなった(概念が変化した)ので、実質今の車にはバンパーはなくなったのです。それで、「心材、補強材」という意味のレインホースメントという部品になったのだろうと思います。
無論衝撃を吸収していないかと言うと、してます。衝突時に効率的に力を逃がしてボディをつぶし、機関部が押されないように設計してあります。これがないと、フロントエンジンの車はエンジンが搭乗者に襲い掛かってきます。

ま、それはそれとして。

バンパーの隙間ですが。ワーゲンや古い車ではしばしば問題になるのですが。

IMG_2939.jpg

ビートルでいうと、ここのことですね。
高年式は割と近いのですが、低年式になるとかなりガバッと開いています。
この隙間は、ボディとの隙間2センチ以内、と決められています。
これは、バンパーに歩行者が引っかかったらあぶねぇだろがボケェ! という理屈だそうです、なので規定があるのはリアバンパーだけ。我々からすると、バンパーに引っかかる前に轢いてるわ! と言いたいところですが、車検の検査官は頑なにこの2センチにこだわるのです。

この件では検査場で100回くらい怒りの声をあげてますが(低年式やタイプ2などは2センチ以内に収めるのはそもそも無理)意味のない法的基準に異を唱えるのは、良識ある国民の義務です。

ま、ですが今回はその話ではなく、バンパーとボディ隙間がなさ過ぎて、たまにボディにバンパーが干渉するというのが問題です。

IMG_2938.jpg

ぎりぎりです。
これでは振動などですぐにボディにあたってしまいます。
なぜこのようになるのか? これでもバンパーステイは最大限引き出している状態です。

IMG_2940.jpg

IMG_2941.jpg

答はビッチな社外品バンパーステイの作りの悪さからくるものです。鉄板薄いし、形がでたらめ。(純正と比べてます)比べてみても長さが足りない。
隙間ギリギリでボディにあたっていないとはいえ、やはりまずいです。

IMG_2942.jpg

IMG_2943.jpg

交換すると、ほれこの通り。
良い感じの隙間になりました。
これでも調整域内で任意に前後できる余裕はあります。板金などでリアフェンダー形状が変形している場合はこの限りではありませんが、これくらいの隙間が普通です。

社外品しかない場合は、それなりに工夫が要されるというのは覚えておいてください。

てな感じで。
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://chelm.blog37.fc2.com/tb.php/479-b4696425