シリンダーヘッド

2016. . 29
エンジンには必ずシリンダーヘッドというものがついてます。
シリンダーという筒の内部にはピストンが挿入されており、これが上下することで燃料を圧縮爆発させます。
構造的には水鉄砲みたいなものです。
この筒の蓋になる部分がシリンダーヘッドで、要するに燃料を圧縮して爆発させたときに、爆発の威力(圧力)を受ける部分です。

IMG_2672.jpg

ワーゲン(水平対向)の場合、必ずエンジンを下ろさないと、シリンダーヘッドは外れません。
もうこれはどうしようもない構造上の問題なので、あきらめるしかありません。
いわゆる直立エンジンというのは縦置きだろうが横置きだろうが、たいてい車載状態でシリンダーヘッドを下ろせますし、ピストンだって外せます。そういう点ではメンテ性は悪いと言えるかもしれません。

IMG_2673.jpg

しかしまあ、エンジンおろしてみれば、OHCやDOHCなんかとは比べ物にならないくらい単純です。水回りもないですしね。
そんなわけで今回はシリンダーヘッドの交換でございます。

IMG_2674.jpg

新たに使う予定のシリンダーヘッド。とりあえず良い状態にしてから組みますので、ゴシゴシ洗います。
何せこれがしんどい。地味すぎる。

スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://chelm.blog37.fc2.com/tb.php/447-4bfefd22