CB サーペンティンベルトシステムプーリー つけてみた。

2015. . 29
マイボウズさんで販売している。

CBパフォーマンス
CB サーペンティンベルトシステムプーリーセット w/純正風クランクプーリー
¥39,800(税別)

人柱(失礼)になってつけてみます。最近自分の触ってなかったからたまにはと・・・

s-PA290077.jpg

これがどういうものかといいますと。


s-PA290076.jpg

はい、わたしの「てんちょ号」です。汚いですねぇ。
メンテしてないのバレバレです。 一応毎日乗ってます。ワーゲン壊れない、すごい!

s-PA290078.jpg

ノーマルのクランクプーリーとオルタネータープーリーを外します。これ、外すとき強引にいくと歪めてしまいますので、再利用を考えている人は気をつけなければいけません。

で。アルミビレットのキットのクランクプーリーと交換します。
本当はエンジン降ろしてやったほうがいいです。シム調整とかで付けたり外したりする必要があると、地獄を見ます。今回はたまたま行けました。(よかったよーぉ)

オルタネータースタンドにアイドラプーリーのステーが付きます。 おのれ!の16ミリナット。

s-PA290079.jpg

オルタネータープーリーも交換して作業は終了。こっち側もかなりタイト(当然なんですが)精度は良さそう。

s-PA290080.jpg

わかります? いわゆる空冷ワーゲンで使用するのはVベルト。 これは現代車ではごく一般的に使われているリブベルト。
接触面積は大きくも、抵抗の少ないベルトです。
なおかつ、アイドラプーリーがあるので、調整はこれ一つでおっけい。シム調整は必要ありません。長寿命です。

s-PA290081.jpg

しまった、見えにくいけど、プーリーにはちゃんとクランク角も刻まれてます。
作業自体は難しいものじゃないけど、ベルトと上下のプーリーのセンターが出ていないとズレて外れます。
シムも付属してるので、調整しなきゃいけません。使っているうちに微調整する必要も出てくるかもしれませんのでシムは捨てちゃダメです。

まだ走っていませんが、エンジン回した感じ、静かでなめらかです。
オルタのプーリーが一回り小さいから、アイドリングでの発電量上がるのかな・・・とか思ったり。どうなんでしょう??

では、とりあえず走ってきます。


スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://chelm.blog37.fc2.com/tb.php/371-fa06c763