津波にやられましたです ハーレーその12

2014. . 12
すっかり忘れて、震災から三周年。

このハーレーが津波に呑まれてから三年ということになります。ぽぽぽぽーんですよ。でしたよ。

PA172216.jpg


しばし放置の末にいつの間にやら塗装されてますんです。

地獄の底から蘇り。

丸二年、かかったのか。ま、こればっかりやってたわけじゃないですけど。感慨深いです。
震災からの復興は未だ進まずといったところではありますが、それも取りようではないかと思うところはありまして。

あれほどの広域災害であったにもかかわらず、生き残った人々は生きのびてゆくことが出来ているという事実は、実はすごくありがたいことなんではないかと思います。

しかしながら、震災二次被害という、後の生活の困窮、不安、精神障害などによる自殺などにより相当多くの人々が亡くなっているのも事実ではあります。

また、原発の被害により今後別の健康被害が発生する可能性も無きにしも非ずで、昨今馬鹿みたいに『断層がある』『いや断層ではない』『再稼動を精査する』といった文言が飛び交っておりますが、えーと、このままなし崩し的に原発を再稼動してもよいんでしょうか?

と、いうか皆さん、原発が動いていないこの三年間、それほど節電してきましたか?

P1262299.jpg

『笑い男』みたいな883のロゴ。

結構好き。中古で手に入れた。

P1262298.jpg

やっぱりエアクリーナーはS&Sです。

告白します。ずっと好きでした。

謎のマフラーに手作りヒートガード付けたり。コントロールユニットはスクリーミングイーグル。

P1262296.jpg

謎!なマフラーのテールエンド。
何を使ったのかは秘密です。

P1262295.jpg


ま、こんな感じで、まじめに写真撮る気がないのバレバレな画像をそろえておりまして、お目汚しご容赦願います。

今度ちゃんと撮るので。

今のところこんな感じになりましたっちゅー報告。

なんか今年の夏は走れそうな気がする。


最初に言いましたが、我々の業界では、海没事故=廃車=買いなおしたほうがよい、となるのが通説であります。
しかしながら、治す馬鹿がいる限り、奴らはそ知らぬ顔で舞い戻ってくることも事実。

それは再び道を走らせたいという情熱のなせる業なのでしょう。

もう一度やり直し

何度でもやり直し

人生とはやり直しの連続で出来上がっているものですから、あきらめなければ何度でもチャンスは巡ってきます。

スポンサーサイト

comment

さむらい
やっぱハーレーダビットソンが時代に流されないよね、
部品もかなり出るし(^.^)

2014.04.01 21:32

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://chelm.blog37.fc2.com/tb.php/347-b445e223