蘇る!南の島のタイプ2 その13

2013. . 23

内装仕上げはフローリング仕上げと、ポップアウトのメッシュ化です。

P6212068.jpg

ちなみに住宅用のメーカーもの。結構高級。

P6212069.jpg

エントランス(笑)はこんな仕上げです。

P6232077_20130623205225.jpg

ポップアウトのメッシュ。網はファイバー製なので丈夫です。ポップの屋根はくりぬいてこんな感じですが、ブースの天井が白いのでよくわかりませんね。

ボディはほぼ内外装完了で、後は足回りと機関系です。
今までほとんど手をつけていなかったのであれこれ出てくることは想定内ですが・・・

P6232072.jpg

ヒーターのセンタートンネル。キックしたわけじゃないですが、キック一発でもげました。
センタートンネルはヒーターの温度を下げないために保温材が巻きつけてあるんですが、そのせいで埃や湿気がたまりやすく錆の温床になりやすいんですね。

P6232073.jpg

ここも結構きてます。

で、オーナーさんと相談したところ、最低気温18度なのでヒーターは重要ではないとのこと。ではでは極力ヒーターダクトは撤去してしまいましょうということで。

P6232074.jpg

P6232076.jpg

どんがらー

ここからシャーシに錆移りするリスク考えれば、万が一ヒーターが必要なときは燃焼式ヒーターを使うという選択のほうがいいと思います。


P6232075.jpg

ブレーキパイプも派手に錆びてました。はずすときにポロッともげるくらいだったので破裂は時間の問題でした。

P6232078.jpg

エンジンです。積む前に最低限チェックしておこうと思いましたが、なんと、プラグホールが破損してます。これは痛い。ヘリサート補修していたのが壊れているため、もはや再生は不可能です。
ヘッド交換になるならカバーもはずしてぇー

先々見据えて換えられるところは換えておくべきか。

思案中、サビサビだったカバーを塗装。これはサービス。

P6232079.jpg


クーリングファンもガタがきてましたので交換しておきます。これもガタがあると100パーセントファンが割れて冷却不能になります。

P6232080.jpg

やっぱりボディだけじゃすみませんよね、というのは想定内だったんですが、割と元気そうだったので油断していました。
ワーゲンに限らず古い車の修理は仕方ないんですが、どこまでやるのか、いつやるのか、今でしょ!的なジレンマにはいつも悩まされます。
あれこれ今後を想定すれば、全部交換した方がいいに決まってる。だけどそれでは際限なく修理代がかかってしまう。
だから、極力つかえる部分は残そうとしますが、後々交換に手間がかかる部分は優先して交換しておいたほうがいいわけで、うーん、悩ましい。



スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://chelm.blog37.fc2.com/tb.php/333-31584b6a