蘇る!南の島のタイプ2 その10

2013. . 13
遅れていた分連投します。

P6041961.jpg

キャンパー右後ろのあんまり役に立たないけどでかい顔してるクローゼットを撤去すると、心にぽっかり穴が開いたようにスペースが出来ちまいます。

あんな木偶の坊みたいな君でも必要だったんだね、と言えるほど感傷にもふけっていないので、ここはばっつり『オールベッド』プランに取り掛かります。
で、オールベッドプランというのは、実際に寝泊りするならやっぱり寝心地いいのがよいでしょうと、夫婦や恋人の蜜月を過ごすにはクローゼット君がいたほうがむっちりむちむちの密着ナイトタイムをすごせたわけですが、倦怠期をお迎えになったご夫婦や、男性同士などではあまりに近すぎるがゆえに過ちが起きてもことかなと、まあ、なんだかんだ長々とわけのわからないことを書き連ねてはみましたが、ようするにベッドが広くなると三人くらいは寝ることができるぜぇ、父、母、子供くらいなら余裕のスペース確保なんじゃ。

P6041962.jpg

こんなかんじでウレタンマットがすぽっと収まります。

表皮はまた後日張りますんで、内装は一時お休み。

再び外装に戻ります

P6071964.jpg

パテとぎ、サフしごき

P6071965.jpg

最終チェックして

P6091966.jpg

上の色を塗りました。

P6091967.jpg

あの崩れていた窓枠が嘘のようです。
額のチャクラも残念ながらふさがれてしまいました。いや、それでいいんですけどね。

P6091968.jpg

ホイールキャップは緑色ですわ

P6091969.jpg

こちらはバンパー

P6091970.jpg

P6091971.jpg

マスキングをはがすとこういう感じ。

ちなみにマスキングとは「集合体の中の一番偉い人」という意味ではなく、マスクをするという動名詞です。

マスクをはがすとこんな顔になりましたー


と、皆々様が帰宅後に妻の顔を見て『おっ、マスキングはがしたのか』なんてことを言うとぶっ殺されます。

スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://chelm.blog37.fc2.com/tb.php/330-2e0b85f2