ヴィンテージスピード 

2013. . 03
しばしお休みしていたワーゲンネタ。

ここ最近マフラー交換で登場することが多いのがヴィンテージスピードです。

PC191560.jpg

このように、フランジ部分が独立していて凝ったつくりです。
一度でもマフラー交換をした経験のある方ならご存知だと思いますが、フランジ部分が合わないで苦労したことが多いんです。特にクワイエット系統のタコ足はゆがんでいたりしますし、場合によってはヒートエクスチェンジャ側を動かしてやらなくてはいけないことが非常に多いです。

それでも強引につけると、何かの拍子にずっぽぬけたりもします。

そういった従来の問題を解決するためと、圧縮調整などで左右のフランジ間の幅が変化した場合のためにヴィンテージスピードではフレキシブルに動くようになっています。もちろん堅牢なつくりで可動部も安心感あります。もちろん一度決めたら動かしませんけどね。

PC191562.jpg

これがノーマルとの比較

P2061789.jpg

太い、逞しい、たのもしい。

そしてステンレススティールの美しさ!

PC191565.jpg


このパイプに巻いているグラスマットはヒーターホースが燃えないように遮熱しています。お気遣い痛み入りますね。

P2061791.jpg

写真ブレてますが、マフラーが付いた喜びに打ち震えているだけです。

P2061793.jpg

可動フランジ部分はこのような感じになっています。
下部のクリアランスはノーマルマフラーと同様十分稼げてます。底すりの心配なし。

さらに、タイプ2用はこんな感じです。場合によってはリアエプロンが干渉しますので、加工が必要です。

PC231571.jpg

クーラーつきのビートルにももちろんオッケーです。

PC191567.jpg


音はぼぼぼーって感じです。

えーと、ノーマルの音を低く太くしたような感じです。うるさ過ぎず静か過ぎない。
体感では今までどおりアクセルを踏んでいたら10キロぐらいスピードをオーバーしているという感じですね。

吹けよくパワー感の強いマフラーは他にもあると思いますが、ノーマル指向の方や、ちょっとライトチューニングの方や、錆びるのが嫌な方や、底をガリガリ擦るのが嫌な方にはとってもいいと思います。

なんせ、安い! 55000円です ワーゲンのマフラーからすれば高いような印象を持つかもしれませんが、オールステンレス製なので一度つけたら交換することはほぼないでしょう。

お勧めです!
スポンサーサイト

comment

ミヤモト
この前はマフラー取り付けありがとうございました!このマフラー最高にいいです
久々にワクワクを思い出させてくれました!マフラーでこんなに変わるのかとビックリです^_^
2013.05.08 09:53
てんちょ
いやはや、そこまで満足してもらえるとは。
人間ワクワクを忘れちゃいかんですな。

でも、枠をはみ出さない程度にお楽しみくださいませ。
2013.05.08 11:40

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://chelm.blog37.fc2.com/tb.php/324-41c38ea9