蘇る!南の島のタイプ2 その4

2013. . 24
とりあえずエンジン分離。

P2151853.jpg

なかなか使い込んでいます。とりあえず機関関係の問題は後回しで、今はボディの修正に専念します。
P2151854.jpg

しかしマフラー朽ちてます。あー交換は決定です。また今度考えましょう。

P2161855.jpg

バシバシに腐っていたカーゴドアを修理。綺麗になりました。

P2161856.jpg

エンジンルーム内

P2161857.jpg

とりあえず防錆塗装で済みそう。錆の予備軍を封じ込めてしまうって感じですね。

P2161858.jpg

なんもない・・・まさに取り付く島なし。でも作らなきゃ仕方がない。

P2241910.jpg

こんな風に直るんです。欠けた鉄板部分も寸法を割り出して制作します。球形になっているパネルは平板の鉄板を加治屋さんみたいにひたすらカンカン叩いて丸みを出して作ります。しんどいんです。

これらの鉄板による修正は前述のように熱が入るため今後錆びやすくもなり、ここから再び錆びてくるリスクはなかなか払しょくできません。ですのでパネル修正が終わった後の処理が勝負の分かれ目と言えます。
スポンサーサイト

comment

伊勢えび
相変わらず凄まじいやられっぷりに驚いています。
頼りにしております〜m(__)m
2013.02.27 19:22

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://chelm.blog37.fc2.com/tb.php/320-d0fbb993