津波にやられましたです ハーレーその5

2013. . 06
さてさて、バイクに乗ろうなんて思わない日々が続く中、乗りたくても乗れない人がここにいる。

P7011215.jpg

これはカムカバーを展開した衝撃の瞬間。

見た目は年末の駅のホームにぶちまけてるやつと似ていますが、こちらは三陸沖産の海水。
それでもめげずにそろりとカバーを開く。ああ、これが世に言うカムなんですね。

伝統的ハーレーのビッグツインは長らくブイ型二気筒4バルブ1カムという時代を経てきたのですが、最近になって2カムに変わりました。が、このスポーツスターは4カムです。生まれた時から。つまり、4つのバルブに対して4つのカムが振り当てられている訳です。

P7011216.jpg

こうやって4つありますでしょ。単純明快。
意味ないけど各バルブのタイミングを任意に変えることもできます。リフト量を1バルブずつ変えることもできます。意味ないけど。

P7011217.jpg

まんなかから出ているのがクランクシャフト、その下がオイルポンプね。

P7011218.jpg

こうやってクランクをぐりんぐりん回してみる。おお、まわるまわる。フライホイールは錆びているけど軸は無事そうだ。

P7011219.jpg

この絵だけ見るとダメ感たっぷりですが、しょせん鉄の塊、錆もすりゃくすみもする。要は仕事をちゃんとしてくれれば見た目なんてどうでもいいんです。

ま、でもクランク内になんぞ紛れ込んでる可能性もあるので、かなり掃除しましたが。

P7121227.jpg

クランク回すために同時に外したプライマリー側。かなりきてますなぁ。

で、ここで問題が。

ってとこで続く。
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://chelm.blog37.fc2.com/tb.php/315-b061eb6c