津波にやられましたですハーレーその3

2012. . 29
P6231189.jpg

既に絶望感は頂点に達しているものの、それでもやめない俺頑張り屋さん。

ハーレーの本質はエンジンにあり。というか名機とよばれる車両の多くはエンジンが魅力であることが多くそのエンジンさえ載っていればよしみたいなところがあります。
つまるところ、乗り物の本質はエンジンにありで、それ以外のボディや懸架装置、内装はエンジンの付属物とも言えます。実際乗り物の開発段階はエンジンの開発に始まるわけですから当然と言えば当然であります。

さ、そういううんちくはさておき。
されにばらしてゆきます。

P6231190.jpg

これこれ。スプロケットの向こう側の爆発した部品。セルモーターですね。

P6241191.jpg

爆発してます。これは海水が混入して内部を腐食したのですが、おそらく(おそらくですよ)バッテリー直でセルモーターには電源が入っているのですが、その電源を利用して海水を媒介してセルモーター内で銅やアルミが電解反応を起こしたのではないかと。とんでもない腐食の仕方をしているのがここだけなので。

P6281192.jpg

使えないものはどんどん捨ててしまいます。

P6281193.jpg

インテークポート・・・

P6281194.jpg

おなじく。

終了ー

いいよ、どうせ解ってたことだし。

P6281195.jpg

イグニッションコイルとイグニッションキーを外します。コイルは完全密閉なのでたぶん無事。キーは回りません。

P6281196.jpg

P6281197.jpg

はははー土砂が。てんこもり。びみょーに磯の香りまでするし。

P6281198.jpg

P6281199.jpg

ヘッドで使えるものはほとんどない。あえて言うならボルト類は錆びているだけでまだしっかりしている。
もったいないけど本体は再生して使えるレベルではない。このままオブジェになるしか道はなさそう。

このように海水につかるとそれはそれはひどいことになるという記録を延々書いているのも空しいものなのですが、まだまだ悲惨な作業がこの後も続きます。

どこまでやるのかっていうと、まあ動くまでやるんですけどね。

なに? 楽しそうだって?

そ、そんなことはないぜ!
スポンサーサイト

comment

IT弁護士 藤田
これはいいですね
2012.12.07 08:17

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://chelm.blog37.fc2.com/tb.php/306-31ddfb3e