連休もやってます

2012. . 27
あっというまに4月も末ではないですか。

そうおす。みんなの大好きなゴールデンウィークの始まりでやんす。しかも真夏日。熱すぎる。

とりあえずヘルムは毎年のことながらゴールデンウィークは休まず営業。月曜日以外は通常営業していますんで、たまには行ってやろうとか、突然のトラブルに見舞われたりした時は、どうぞご利用くださいませ。

P3080826_convert_20120427123922.jpg


ついでなんで近況の報告を。これはスズキのサベージでござんす。

元来アメリカンと言えば本家に倣ってVツインと相場は決まっておりまして、国産のアメリカンタイプのバイクもまたVツインにこだわってきた感はあります。

しかしながら、80年代の日本のバイク市場においてアメリカン黎明期というか、第一次アメリカンブームが巻き起こった際、既存のモデルのスペシャルバージョンという名目で「L」とか「LX」とかを末尾につけてティアドロップタンクにアップハンドル、ロングフォークなどをあしらったアメリカンぽいモデルがいくつかちらほらと出現した時代がありました。
むろんながら、それらは「アメリカンぽい」の域を出ることはなくエンジンが並列二気筒であったり、水冷であったり、単にロードモデルのハンドルとシートを変えただけのものであったりと、まあ本家からすれば「痛い」スタイルのジャメリカンが続々と増殖した時代があったわけです。

そんな中、本格的なローアンドロングを踏襲したアメリカンスタイルを確立したとも言えるのがホンダのスティードとヤマハのビラーゴに代表される二台で、しばらくの間はこの二車種が日本のアメリカンバイク市場を席巻していました。

で、そんな中で頑なにビッグシングルを搭載した異色のアメリカンをリリースし続けてきたのが、変態ライダーが好むメーカーのスズキでありまして、当時としても「何ゆえにシングル?サベージ?」と呼ばれていたものでした。

が、しかし。

このサベージがすごいのはですね。
当時どこのメーカーもしなかった『タンクオンメーター』というあたりのこだわりから、アメリカンの粋をよく知っているデザイナーが描いたことがよく知れます。

通常メーターというものはハンドルの周辺かヘッドライトケースなどにマウントされるのですが、アメリカンはフロントフォークとハンドル周りの造形にこだわるところからハンドル周辺をすっきりとシンプルに見せることが大前提にありチョッパーなどに代表される長いフロントがその体質をよくあらわしていると言ってよいでしょう。

で、最近はボバースタイルと呼ばれる、従来のチョッパーではなく、車体をコンパクトにまとめる技法に人気があり国産のシングル(ヤマハのSRなど)をボバードしているのもよく見かけます。

ですんで

P3110831_convert_20120429115738.jpg

リアフェンダーを外してそれっぽくなるかどうか考えてみます。
イイ感じですねぇ。

P3110832.jpg P3110833.jpg P3110834.jpg

リアフェンダーを成型します。不要なサイド部分をカットして、トンカントンカン叩いて丸みのあるフェンダーに作り替えます。なんせ低予算カスタムですから何でも自作です。

P3140840.jpg

P3140841.jpg

アメリカンはフレームが命と呼ばれるように、フレームワークの美しいバイクはおのずとかっこよくなります。そのためにフレームラインを強調する手法としていわゆるスカチューンと呼ばれる、エアクリーナーやバッテリーを隠すという手法を使います。当然その隙間に詰め込まれている電装なども整理して目立たない場所に移動させます。こういう部分はセンスが問われます。

P3220866.jpg P3220867.jpg P3240868.jpg P3240869.jpg

サベージはセル始動なのでバッテリーを外すわけにはいきません。なので大胆にバッテリーボックスはフロントに移動します。たぶんサベージでこういうことをしたのは私が初めてです。

P3240870.jpg

P3240871.jpg

電装は全てシートレールの間に詰め込んでサイドからは見えないように配します。

P4290978.jpg

P4290980.jpg

P4290982.jpg

完成。

かっこええなぁ。

とりあえず、STAGE1終了って感じです。あとはオーナーさんの気合い次第でチョップが加速していきます。

ちゅーわけで、次回からワーゲンネタに戻りますー





スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://chelm.blog37.fc2.com/tb.php/275-76cc83c0