AKB総選挙

2011. . 09
なーんか年々というか、やるたんびに話が大きくなってきてるAKB総選挙。これをブログネタにしている私もなんだかなーという気もしますが。

AKB総選挙とは、AKB48の68人に加えて名古屋のSKE48の57人、大阪のNMB48の25人を加えた総勢150人のなかから約3・8倍の競争率を突破した40人がシングルCD制作に参加できるのだが、メインのA面を歌えるのは上位21人の「選抜メンバー」までで、22位以下は同CDのカップリング曲を担当するのだそうだ。

私もよくは知らないが、現在発売されているシングルCD(1000円)に投票権が一枚ついてくるらしく、自分が贔屓にしているメンバーの女の子に投票すると、その得票数に応じて順次選抜されていくのだそうだ。
まあ、ニュースにもなっているから知っていると思いますが、このCDの売り上げというのはものすごい数になりまして、当然ながらファンの体質的に贔屓のメンバーを上位に引き上げるため一人で何枚も(出来る限り多く)購入し投票券を得るということが恒常化しており、今回は一人で5500枚を買った(中略)もいるようで、普通に考えて550万円使ったってことかいなと。

ってんでなんか気になるので書いてみた。

普通に考えて、もはやこれをCDの売り上げといっていいのかどうかは微妙というか、反則なのではないかと思います。いや、販促か。

結局どう転ぼうとプロデューサーの秋元康がぼろ儲けする仕組みなんですが、いやはやうまくやりました。
おまけにこの選抜の中継を全国の映画館でライブで上映するという・・・狂気の沙汰ですな。

私なんぞはひねくれているため、すぐにこれはマッチポンプなんだろうなぁとか勘ぐってしまいます。国会の選挙も荒れると話題になるのは先だっての政権交代にも表れることなのですが。
過去を紐解けばおにゃんこクラブやモーニング娘など一時は話題沸騰人気急上昇といったアイドルグループがあったんですが、そのいずれもが数年を経ると消沈してゆく傾向がありメンバー数が多くなったり年齢を重ねると卒業というメンバー離脱制度を設けリフレッシュしてゆくことで延命を図っていたわけなんですが、いかんせん贔屓にしているメンバーがそのグループから消えるということで同時にファン層も削がれるという弊害を招いていたのでした。特に超強力な吸引力を持つメインメンバーなどが離脱の際はやはり壊滅的なダメージを受けるわけで、このような多人数アイドルグループのたどる末路は延命治療に他ならなかったわけです。

その轍を踏んでか、AKBというグループはストックの150名あまりをフル活用し、投票者であるファンの意思により順次メンバーの入れ替えが行われる(プロデューサーの意思とは無関係に)ことで、自分が○○を支えているという、充足感を満たすに十分な効果を発揮し、グループ全体で強力な吸引力を形成しております。

このような体制にすることでファン層を無碍に失うことなく、またマイナーであるメジャーであるという住み分けもなされ、そのマイナーメンバーを支える母集団というものが「俺達がいなきゃだめだ」といった心理を発動させるのに十分な効果を発揮しているようです。

なんてうまいんだ秋元康。
あんた商売の天才だ。

ただ、

実は選挙の体をなしてはいるけど実際はプロデュースしてるんじゃねーの?とも言い切れないわけで。

更に言うと、一人で5000票以上一人のメンバーに投票している時点で選挙にならねーよ、とも思います。

というか、その得票数って公平じゃないので、もはや選抜とか全然関係ねーし。


実際、当のAKBのメンバー一人一人からすると複雑で微妙な気持ちになるでしょうなぁ、とも思うわけで。
それもこれもAKBという組織を維持するために必要な制度であると理解しているおりこうさんがばかりなのか。

昔だったら「こんなの自分の実力じゃない」って言い出しかねないもんですけど、あれなんですかね?
若いうちから長いものには巻かれろと、それが利口なもののすることだと、よーくお判りなのかもしれません。

というか、オタのパワーというものはすごい。欲望を満たすことにかけては貪欲そのもの。自分の身を惜しまず全てを賭けているんだもんなぁ。

ここで憂国の士みたいなこと言うとしらけるので言いませんけど。

当の国会のほうもこのくらい面白いことになればいいんですけどね。消費額に応じて投票権がもらえる数が増えるとか、自分が推した議員が当選したらその配当がもらえるとか、うーん、やっぱ一般人は金がらみでないと動かんか。

国会議員を全員アイドルにしてしまったら良いと思う。

マジで。

たぶんそれでも日本は今とそれほど変わらない(どーせ政治やってるのは官僚だし)





そういや、チチョリーナってまだいるんでしょうか?

スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://chelm.blog37.fc2.com/tb.php/216-b7250766