fc2ブログ

キッチンカー その2

2024. . 17
IMG_0560_202402171239390c6.jpg

営業状態です。

IMG_0580.jpg

だっしゅまわり。
ミラウォークスルーバンはフロントのウィンドウが極端に大きく、そのため車内丸見え&夕陽も朝日もめちゃ眩しい、という高剛性ではないと思うけど、光合成にうってつけな車体。
そんなわけで、いわゆる路線バス用の大型サンバイザーを装備(オーナーさん提供)おお、そんなアイディア思いつかんかった。

で、そうすると、室内ミラーがつかなくなる。
もちろんルームミラーは元より不要なのだけど、ドラレコが付けたかったのでどうすっかなと。
で、ミラーステイをそのまま使ってダッシュ上に設置することに。

IMG_0579.jpg

補助席です。
本来補助席というのは、荷室部分(貨物車両)や通路部分(観光バスなど)に設置可能な簡易座席で有り、いわゆる最低限の自動車用座席の要件を満たしていなくても、乗車は許可されておるというもの。なので奇妙なことにシートベルトの設置も必要がない。
しかし上記の要件により、この様に運転席と並行させて設置するのは不可能なので、これは補助席ダメだよねー、と検査官に。

いやしかし、このミラウォークスルーバン、初期型の年式で右側にドアがない。つまりこれって補助席ついてる場所が乗降口への「通路」じゃねぇですか? と、電光石火の返しで攻略。めでたく乗車定員2名になりました。

IMG_0578.jpg

この開口部のサッシ窓も、保健所認可の項目の一つ。窓が閉められるように、かつ網戸が設置されていること。まあ、わからんでもないですが、普通の店舗とか開けっぱなしのところも多いですがね。

IMG_0577.jpg

こちらは換気扇。フード作ったので結構吸います。

IMG_0576.jpg

肝いりの低床フロア。ついでに腰掛けも作りました。

IMG_0575_202402152256060e3.jpg

全体的にはこんな感じ。今回はもともとの状態からリノベーションしたわけですが、作業的には一から作るのとどっこいどっこいといったところでしょうか。たぶん大工さんも同じような感覚だと思います。

壊して作り替えるというのは実は簡単で、既存のものを生かして作り替えたり、増設するというのは実はかなり手数が増える話で、今あるモノを改造するだけなのだからコストも抑えられるだろう、と考えるのは間違いです。
たとえば大阪駅なんかでも稼働を止められないから、増築改装になって、あんな変な建物になりましたが、既存の周辺施設とすりあわせるのは苦労の連続だっただろうなと思います。自ずと工期も人工もかかりますので、一片更地にして建て替えて云々の方が工事そのものは楽です。

そういう意味では車だって同じなんです。市販車をレースカーに改造するより、最初からレースカーを作った方がよいモノが出来る、みたいなものです。

IMG_0573.jpg

電源部分です。
最近は高性能な蓄電池が出来ましたから、発電機なんてものを動かさなくてもよくなり、露店の屋台でもエンジン吹かしてることは少なくなりました。
ポータブル電源、まあ、至れり尽くせりの優れものです。これこそ災害の時に一家に一台あるとしばらく安心かもしれません。

IMG_0571.jpg

複雑怪奇な京都の軽自動車協会。
なんか、京都だけじゃないんだろうけど、登録の業務のやり方って都道府県管区で違っていて、初めて来たら全く解らない。
実際やってることは同じなのだけど、窓口の形態や、やり方が違う、みたいな感じ。
しかも京都は独自の税申告用紙があるから書き直せとか、訳わからん。

IMG_0561_20240217123942753.jpg

保健所の指導通りならこうして二面を解放してはダメなんですが、実際の現場ではそんなの守ってる人はいません。物理的に無理なので、というのが大まかな理由ですが。
保健所の言い分としては、自分たちの本分である公衆衛生の観念に基づいて指導、認可を行っているので、それなりの根拠はあるのですが、現実に則していないというか、そもそもキッチンカー専門の車というのが存在していないので、取締規定が最大公約数になるのは仕方がないところはあります。

ま、昔々だと、いわゆる祭のテキ屋や夜鳴きのラーメンなんかは、すんごい衛生環境悪かったんですけどね。
面白いことにそれで腹を下す人などいなかった。そもそも生きてる人間が衛生的じゃなかったので、消毒しても意味ないというか、免疫力も半端なく強かったし、仮に腹下したくらい笑い話ですんだ、そういう時代だったわけです。

ある意味、これからは本当に、飲食店は何をするにも大変だなという気はします。





スポンサーサイト



comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://chelm.blog37.fc2.com/tb.php/2012-5da9398c