fc2ブログ

車検ステッカー 変わります

2023. . 27
てんちょのあやしいはなし

どうやら、いきなりですが、来月7月より、車検ステッカーの貼り付け位置が、ルームミラーのある中心上部付近から、運転席右側上部(おそらく左ハンドルは左側上部)に変更されるそうです。
この車検ステッカーですが、主に「外部から車検有効期限を視認できる」手段として、フロントガラスに貼り付けてもよい貼付物です。この他、法定点検ステッカーという丸いものも見たことがあると思いますが、これも有効期限内であれば貼り付けてもいいものなのですが、これ以外はフロントガラスに貼り付けることは一切許されていません。スマホホルダーの吸盤ですらアウトです。

これまでのステッカー貼り付け位置をお役所的言葉でいいますと、「車検業務の実施要領を定めた通達」では「車室内後写鏡を有する自動車はその前方の前面ガラスの上部」、前面ガラスの上部が着色されてれば「下方にずらした位置」
という感じで、わざとわかりにくくしてるのかと訝りたくなるような文言ですが、つまりはルームミラーの付近という理解でよいです。
それが変更になった理由は、
「無車検運行防止対策として、運転者が自動車検査証の有効期間を容易に確認できる状況を作ることで車検の受け忘れ等を未然に防止することを目的として、検査標章を運転者席からも見やすい位置に表示することとしました」
ってことらしい。

一応施行は7月3日から。万が一ステッカーを指定位置に貼付しなかった場合、道路運送車両法66条に違反し、50万円以下の罰金が科されます(これは今回より以前から変わりません)原則的に貼り付けなければいけないものですが、旧車や外車オーナーはえてして貼付を望まない方が多く、ウチでも特に言われない限りは、オーナーさんにお任せしています。(貼付義務は車両の所有者および使用者です)

例外として、運転車の視界を妨げる場合は「視界を妨げない前方、かつ運転席から見えやすい位置」とされているようです。

なんじゃそりゃ、な話です。

そもそも視界に入るということは、視界を妨害するということであるという矛盾をやらかしているので、一体何のための改正かと思えてなりません。
運転手が確認しやすいのであればそれは任意の位置で構わないはずで、窓に貼り付ける理由は、外部(警察官等)から確認を容易にするためでしょう。概ねあのステッカーは結局ポリ公の都合でしかないのですが、まあ私らもたまに「あ、車検ことしだよね?」的に営業に使います。

今回の改正、おそらく昨今フロントガラス上部中心にはセンサー類が集合していたりして、中心部に貼れなかったり、ウィンドウ中心部から左右にかけて、遮光の網がかけてあるフロントグラスが多くなってきたため、上部や中央部分に貼り付けにくく、上述の「車室内後写鏡の前方」という要件を満たしにくくなったため、改正せざるを得なくなった、というのが本音でしょう。

ま、それとは別で、少しこの絡みのお話しですが。

車検ステッカーの外部認識をことさら重視するのは、車検が切れているか否かを一目で判断できるメリットがあるのですが、これは、車両情報を外に晒すという一種のプライバシー侵害に当たるのではないかと思われます。誰もが何の手続きも令状もなく、他人の車両の車検の有効期限を把握できてしまう、という。ちなみに現行ではナンバープレートの内容から、所有者や使用者の個人情報を得るには、陸運局などで「登録事項等証明書」発行を申請すれば可能なのですが、実質は所有者かその関係者以外はほぼ申請が不可能となっています。

これは2004年に施行された個人情報保護法のお陰でもあるのですが、それ以前は本当に誰でもナンバープレートの情報だけで、住所氏名、もしくは会社等の所有情報や、車体番号まで簡単にわかってしまっていたという、今では考えられない状況でした。まあ昔はそのくらい平和だったんですけどね。

【2006年11月19日以前の手続き】
・自動車登録番号(クルマのナンバー)の明示


【2006年11月19日以降の手続き】
・自動車登録番号(クルマのナンバー)の明示
・車台番号下7桁の明示
・請求者の本人確認書類の提示
・請求理由の明示

ま、こんな感じです。

なのでSNS等で、ナンバーを隠す必要性はほぼ皆無なのですが、「同一車特定」には一役買うので、それを嫌う人もいるようです。つまり、偶然同じ色の同じ車、ではなく、同じナンバーの同じ色の同じ車なので、アリバイ等が必要な方にとっては言い逃れができない証拠になります。(たとえば病欠で会社休んでることになってるのに、ワーゲンイベントで偶然撮られた写真がSNSにあがってしまう、など)

少し脱線しましたが、いずれにしても車検標章(車検ステッカー)や車両保管場所標章を表側に晒すってのは、個人情報で有り、今の時代において現実的におかしいと思うので、フロントガラスに貼り付ける方法はやはり廃止して欲しいな、というのが私の概ねの意見です。そもそも警察官はナンバープレート照合だけで個人情報および、車検証情報にダイレクトにアクセスできますので、車検標章を確認する必要などありません。さっと見てお手軽に判断できるのは良いでしょうけど、警察官がそんなズボラでは国家の安全を守ることは出来ません。
(ちなみに、駐車違反等の罰金未払い車両は車検が受けられないなどの措置をとれるのは、この日本の縦割り行政の中で、非常に希でエクセレントな省庁連携が出来ているお陰です)

ま、今回この様な改正があっても、一部ではみせしめに検挙されることはあるかもしれませんが、大きな動きとは言えないでしょう。おそらくはこれまで通りかなとおもいますが、無用に警察官にちょっかい出されたくなければ、なんとなく指示通り貼っておくべきですね。

私はワーゲンのフロントガラスなんて面積が狭いのだから、何でも張れば視界を妨げると思ってます。現代の車のフロントグラスは大きくオーバーハングしており、視界以上の面積をカバーしているものの方が多いのですが、所詮お役所は旧車のことなど考えてないので、運転席の右上だとか適当なことを抜かします。どうせなら従来の位置に加えて、「フロントガラスの上部から15センチ以内の両端の範囲」とか許容範囲を広げた改正にすればいいのに。

この多様性の世の中に、一部の人間の都合しか考えないというのは嘆かわしいものです。

あ、もちろんウチの業界ではワーゲン乗りがマジョリティですから。他の車はマイノリティ。






スポンサーサイト



comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://chelm.blog37.fc2.com/tb.php/1931-d460e12b