fc2ブログ

VSコンプレッサー センターマウント

2023. . 25
前から存在は知ってましたけど、初めて手に取った。エアコンのコンプレッサーをセンターにマウントするブラケット。ヴィンテージスピード製です。

皆さんも気にはなってたんではないでしょうか。

ブラケット自体の出来は悪くない。しっかりしてる。その分それなりに重い。

IMG_8331_2023062522562829c.jpg

位置的に、リアリッド(リアフード)を浮かさないと干渉します。
リッドを全閉できないという点が、このマウントが普及しない最大の要因だとは思います。
まあ、センターマウントする人は、ツインキャブをしててもクーラーは使いたいんじゃ! という、わがままジュリエットなので、リッドが開いていても、夏だし放熱に調度いいや、くらいなんでしょう。もちろん冬も閉められませんけどね。

IMG_8338.jpg

付属のプーリーは今まで見てきた中でも一番小さい。パワーをとられないようにしてるんだろうけど、その分コンプレッサーの回転率が低くなる。その辺どうなのだろう??

そして出来れば専用ボルト付けて欲しかった。ストックのボルトでは長さが足りなくなるので、仕方ないので、旋盤でボルト頭を加工してプーリー分長さを稼いだ。

IMG_8339.jpg

発電気がつくとこんな感じで、タイトに収まります。

IMG_8342.jpg

マウントは、フューエルポンプ部分に二本、オルタネータースタンドの一本、さらに締め込みバンドでオルタネーター本体とジョイント。かなりガチガチについてるけど、そこまで必要かな、という感じはします。

IMG_8343.jpg

今回は国産の軽自動車用みたいなコンプレッサーを使用するので、ベルトのライン調整しなきゃいけません。コンプレッサーは大抵のものなら何でもつきそうですが、加工前提ですね。

あえていうなら、ラインさえ合わせればクランクプーリー、発電機、コンプレッサーと、一本のベルトで回すことも可能かな、という気はします。結果どうなるかはわかりませんけど。

IMG_8344.jpg

大体こんな感じでまとまります。
実際にここから車載して、配管取り回して、動作を確認できるところまで道は長い。


初めての事というのは、いつでも手間も時間もかかります。楽しいですけど。


スポンサーサイト



comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://chelm.blog37.fc2.com/tb.php/1930-9af88a68