fc2ブログ

マスクを取ったら反則負け

2022. . 29
……これ、記事のタイトル見たときはプロレスの話かと思いました。はて、覆面レスラーのマスク剥いだら反則負けになっただろうか? と。

てんちょのあやしいはなし

実はこの記事将棋の話。

 将棋の名人への挑戦権を懸け、トップ棋士がしのぎを削る対局で「マスクを長時間外した」という理由で勝負が決まった。28日に行われた第81期名人戦A級順位戦(毎日新聞社、朝日新聞社主催)の佐藤天彦九段(34)―永瀬拓矢王座(30)戦は、日本将棋連盟が新型コロナウイルス対策で設けた臨時規定を根拠に佐藤九段の反則負けとなった。だが規定違反となる基準や判定の体制の不備に、棋士やファンから疑問の声も上がっている。Yahooニュースより抜粋
臨時規定とはいえ、そういうルールがあったのは知らなかったけど、じゃあ、お得意のPCR検査したら良かったんじゃないのかなって思うんだけどね。
屋内の二メートル以内がダメってあたりが抵触してるんなら、そもそもオンライン将棋やったらいいんじゃないの、って思う。室内がダメなら屋外でやるって手もある。

もちろん、ゲームのような画面上で指すのと、実際に対戦者同士が面を構えるのは違う、というだろうけども、ならなおさら、マスクなんてあったら心身の能力に悪影響が出るだろうと思うし、ポテンシャルを発揮できないんじゃないかと思う。

あらゆる身体競技が、マスク不着用で行われているにもかかわらず、頭脳スポーツ(マインドスポーツ)とも呼ばれる将棋の分野ではマスク着用、とするのは、なんかマインドスポーツを舐めてないかって思うのですよ。
ふつうに、マスクをするだけで呼吸の妨げになるのでその分酸素の取り込み量も減るし、呼吸回数も増える。おまけにマスクは臭い。それだけでも集中力を削がれるだろうし、思考力が低下する。

そもそも、将棋は対戦者間で一切喋らない。

なのに、マスク。

いるか? てゆーか、これもお得意のアクリル板で、両者を完全に隔てたら済む話じゃないかと思います。

前にも言いましたけど、私今殆どマスクしてません。最近電車もノーマスクな時があります(忘れてるだけで、そこまでアンチではない)そもそも、外に出て会話することがないからマスクなしでも構わないと思っていますけど、外に出る度に、どこかの段階でみんなで、せーのでやめませんかって思います。

ま、やめないんでしょうけど。ワクチンの在庫掃ききるまでは。

私がマスクしないのは、嫌だからというのもあるんですけど、ノーマスク大使的な気分ではあるんです。マスクしてない奴もいるって、認識できないとみんな外しにくいでしょ。誰かがその第一歩になって、マスクをできるだけしない方向に向けば良いなって思っています。
日本人はマスクをしていれば無難、と考えますけど実際はめちゃくちゃ感染してますよね。意味ないって事じゃないですか。

かなり前にも書いたことありますけど、「コロナは空気感染する。飛沫感染だけじゃない」って、そういっていたと思います。だったら尚更マスクなんて意味ないから、いっそ鼻と口にサランラップ捲いておくほうが良いぞって、書いたと思います。

そうなんですよ、コロナは飛沫感染じゃなくて空気感染もだから、マスクを通過して普通に空気を吸っているだけでコロナウィルスを吸い込む。だからマスクでは防御できない。
ちなみに、性器とか目の粘膜なんかからも吸収するので、チンコにはコンドーム、目には競泳用のゴーグル、口と鼻はサランラップで防御しなきゃいけません。

ちがいましたっけ? なんかルール変わりましたっけね?

わたし、そう記憶しているものですから、ポテンシャルもテンションも落ちるマスクをできるだけしないんですよ。だって、防御不可能ですもん。

マスクとワクチンがコロナ感染症予防への実効性が疑われるのは、現実に感染者が増えているからですよね。
じゃあ、三年間ノーマスクノーワクチンで毎週のように呑みに行きまくった私が、未だにかかってないのは「アルコール消毒しているお陰だ」、というアホな主張のほうが、マスク着用とワクチン注入よりも実効性があると言えます。

もしくは、コロナ禍のまっただ中に、店を探してでも呑みに行くようなアホは風邪をひかないということならば、それこそみんなアホになれば良かったのだろうなと、そう思います。

ああ、そうか。棋士はアホじゃできないから、デリケートなのかも。

ちなみに第八波に備えたBA5対応型注入剤の接種率は全国で4%という好調なすべり出しだそうです。私が昨今の感染経験者の諸般の事情を聴く限り、「ワクチン注入後の副作用のほうがきつかった」という声が多く、感染経験のありなしに関わらず「三回目以降は打たない」もしくは「今後打つことはない」という声の方が圧倒的に多く聞きます。

無論ご高齢の方や持病、既往症をもつ方は、その悪化や再発への不安感から藁にも縋る思いでワクチンの接種を希望する事もあるでしょう。それについてことさら否定する気はございませんし、なにより病は気からと申しますから、ワクチンであれ、塩水であれ、祈祷であれ、献金であれ、信じる予防法をマジ実践することこそ最強の免疫力獲得であると私は思っています。

なので私はアルコールを信じてます。

さて、今夜も呑んで寝よう。






スポンサーサイト



comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://chelm.blog37.fc2.com/tb.php/1825-9799f55e