fc2ブログ

えいがのはなし

2022. . 03
IMG_5257.jpg

全然進みません。いや、一つづつこなしてはいるんですけどね。
一つやるごとに何かを忘れているような気になる。
なんなんでしょうこの感じ。

以前PC内の写真整理しながら、「インターステラ」っていう映画をチラ見してた。

環境悪化が限界になり、あらゆるところで砂嵐が起き、作物が枯れ果て食糧自給が困難になり始めていた近未来の地球。そこでNASAは地球人が移住できる星を探索するという壮大なミッションを開始した。その結果、いくつかの星が見つかったのだけど、その道の世界には様々な問題が待ち受けていた! 

終わったのは3時だった。長かった。眠かった。

というか、よく出来ていたと思うの。良い映画だと思うのだけど。
すごい努力の果てに第二の地球を見つけて、そこへ移住する。人類がんばれ! 生き残れ! って気にならなかったんですよ。

もう滅んでも良いんじゃねぇのかなぁ、って。
人類ってめちゃめちゃ強欲だなぁって。

強欲だから地球滅ぼした訳だけど、それでもまだ自分たちは生き残りたいとか、種を保存するだとか図々しいことを考えるんだなぁ、と。

宇宙とか異星環境とか、ワクワクしますけど、「2001年宇宙の旅」でも演出されてたのは、圧倒的な孤独感、不安感、焦燥感。
あの感じはとてもよくでていて、胸熱な映画ではありました。

しかしアメリカ人というのは、ジョークか皮肉を混ぜないと会話が出来ないのか、と思わせる映画でもありました。

もう一本、最近みたのは「ウクライナ・オン・ファイアー」これ、今観とくべきだと思います。YouTubeに字幕版が転がってます。
2016年の作品なので、現状を批判しているわけでは無く、過去のウクライナ問題から今を説いているので、単純に親ロシアプロパガンダ映画とは言えない内容です。ウクライナがどういう国であるかがよくわかります。
無論、信じるも信じないも、なんですけど。
なんとなく、今回のウクライナ侵攻の疑問な部分が解ける内容です。

そんなわけで、映画の話で濁したった。







スポンサーサイト



comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://chelm.blog37.fc2.com/tb.php/1765-c4f9ebc2