fc2ブログ

エンジン

2022. . 01
すっかり記事数が二日に一回くらいのペースになってきておりまして、ライターとしてはせめて月に20記事くらいは書きたいところです。

さて、静かな観光地もこの6月くらいが最後の機会かと思いますし、今後あのミラクル京都な風景はもう死ぬまで見られないだろうなと思うと、コロナ禍もまた一興かな、と思わないではありません。

全然関係ないけど、皆さんこの二年あまりで「禍」って字覚えたよねぇ。最初の方は「鍋」って書いてる人もいたけど。パンデミックとか、抗体とか、副作用ではなく、副反応っていう聞き慣れない言葉も現れたし、クラスターとかオーバーシュートとかロックダウンとかちょっとカッコいいし、変異種とかパニック系のSFでしか聞かないような言葉も現実に聞くようになったり。

で、全然関係ないけど

IMG_5227_202206012124446fb.jpg

これはスナップエンドウ。
スナックエンドウではございません。よくスナックエンドウといっている人もいますが。

でもスナックエンドウでも間違いでは無いという。なんじゃそりゃ?
実は同じです。
日本で輸入されたのが70年代、その時商品名として「サクサク食べられる」からスナック、と種苗協会がつけたそうな。でも本場のアメリカではスナップで、まあ当時本名がどうだとかはさておいて、語呂が良いほうを採用したというか、わかりやすい名前の方が商品として流通させやすかったんでしょう。
でもその後、農林水産省が「ややこしいからやめろ」となりスナップエンドウに統一されたそうな。

ちなみにこれはお客さんからの頂き物。美味しかったです。

IMG_5240.jpg

さて、打って変わって
エンジンオーバーホールなんですが、元のケースが随分前にOHされていたものらしくて、おそらく一度は焼いたか、ラインボーリングが限界まで施されており、もはやこれまでとなってしまっており、なんとかならんかと思いましたが、あえなくケース交換でございます。

で、改めてケースっていくらするのかなと調べてみると、以前の倍くらいの値段になってますね。しかも在庫がない。
まあ私の言う以前ってのが、相当以前ですけど。そりゃあ、いつかはなくなるわなぁ。
今後はリプレイスメントがアルミケースとかになってゆくのかもしれませんが、アルミケースになると相当重くなりますね。

皆さん、エンジンケースは大事にしてくださいねぇ。

IMG_5242.jpg

とりあえず中古ケースを使いましたが、メタル合わせてクランク載せただけで安心してはいけません。ケースを合わせるところまでがクランクです。
希に、ひねっているケースがあり、規定トルクで締めるとクランクがロックするという悲惨なケースがあります。それはそれで修正かまして使うんですけど、作業工程にまた一手間かかります。

IMG_5243.jpg

複雑な部品というのは、それだけ不確定な要素が多く、一つの躓きで全工程に影響が出るという事があります。まあ社会も同じようなものかもしれませんが、おそらく全てのパーツが完璧に合わされば、たとえ空冷エンジンといえども何倍ものパワーがでたりするんだろうなとは思います。

今はそういう工作技術の面で単純に精度が高くなっていて、それほど排気量を大きくしなくてもパワーがでるエンジンを作れるようになったということで、基本的にはガソリンを炊いて走っている原理は何ら変わりません。

ちなみに電気自動車というのは、とても部品点数が少なく単純な構造になるので、エラーというものが起きにくくなります(自動運転云々は除く)そういう意味では技術後進国でも簡単に作れるようになることから、日本やヨーロッパなどが保温し続けている技術的アドバンテージなど無視されて、コピーされ安価な電気自動車がアジア圏を中心に普及するのだろうと思います。

ある意味、デジタルの腕時計が出来た時代は、一斉に皆が飛びついたのと同じで、しばらく電気自動車礼賛の波が起きても、(ヴィンテージ、アンティーク、あるいは技術へのリスペクションとして)趣味の良い高級な志向という「ガソリン車」が生き残る可能性もあるかなぁ、という気はします。

要するに金持ちの道楽だけどね。







スポンサーサイト



comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://chelm.blog37.fc2.com/tb.php/1763-8cd69ac9