fc2ブログ

めっちゃ久しぶり林道

2022. . 22
IMG_4591.jpg

超久しぶりに林道ツーリング行ってきた。
ちょうど祝日ということもあり、普段一緒に走れない人達とマスが出来たのは良かった。
林道ツーリングという概念がよくわからない人の為に、改めて説明しておくと、通常のバイクツーリングというのは、地元からどこか程よい目的地に往って還ってくる、ということを指します。

ひとたびツーリングに出たその先には、道や天候に左右されながらバイクを操り走らせるという喜びがあり、目的地には地元にない美味しい食事や、珍しい景色、そして現地の人達との出会いなど、ちょっとした非日常を体験できたりします。ま、事故に遭ったり故障したり迷子になったりってのも体験できますけど。

IMG_4586_20220322224153de1.jpg

そんな普通のツーリングに対して、林道ツーリングとは、目的地が定まっておりません。
定める人がいるかもしれませんが、それは便宜上であり、林道ツーリングの目的はあくまで、林道を走ることにあって、林道が何処にあるかで走るルートが決まるといってもよいわけで、そういう意味では何度も同じ道を往復したり、同じ地域をぐるぐる回ったりと、ロードバイクのツーリングに比べるとかなり小範囲で走る事になります。

当然速度域も林道ではまず50キロを超えることはありませんし、公道上では大切なオフロードタイヤをむやみに消耗したくないので、負荷をかけないよう法定超過速度なんて出しませんし、オフ走る前提のギア比なのでトップギア全開しても100キロ出ないマシンの方が多いです。

IMG_4584_20220322224152f56.jpg

ちなみに私のマシンは80キロが限界でした。高速乗ったら損した気分です。

そんなオフロードバイクで、ひとたび林道ツーリングに出たその先には、荒れた道やガレた道や、泥でぬかるんだ道、倒木に阻まれ絶望に苛まれ、いやらしい根っこで滑って転び、飛び込んでくる野生動物に驚きと興奮を覚えながら、風雨にレイプされた山の道を、右往左往しながらバイクをなんとか操り、走らせるというか押したり引いたりするエクスタシーな喜びがあり、なんとなく林道を抜けて目的地にしていた地方の田舎町には、地元にない美味しい食事などはなく、かろうじて現地のおばさんがやっている美味くもまずくもない何の変哲もない定食屋でメシを食えたなら御の字で、大抵はコンビニでカップラーメンとおにぎりを買って外で食うというのがデフォ。そもそも泥足のブーツで店舗に入ればコンビニといえどもあからさまにバイトの店員が嫌な顔して、箒とちりとりを持ってついてきます。

無論、都会ではまず出会えない珍しい景色や美しい自然の植栽に感動したり出来ますし、現地の林業やハンターの人達にはちょっとイヤな顔されたりしますけど、昆虫や野生動物との出会いなど、ちょっとした非日常を体験できたりします。
ま、崖に落ちたり、コケて骨折したり、道に迷って遭難したり、バイク故障して山の中から徒歩で還ったり、さすがに熊に襲われたってのはききませんけど、こうして文字にしてみれば誰が好き好んでそんなことするんだって、思うようなことが林道ツーリングといえます。

IMG_4587.jpg

私は林道を走ることももちろん楽しいのですが、その傍ら林道の先で出会う、未踏の自然に憧憬を覚えるのです。

なんせ我々が走るところは、ハイカーなどが進入しない、いわゆる「あんなところ景色は見えないし道は悪いし、汚いし、行くだけ無駄」と言われる「ハイカー受けの悪い山」が主流なので、人が殆ど入らないので、自然のままの美しさが保存されている事が多いのです。

IMG_4588.jpg

このあたりがこういう景色になったのは、過去の人為的なものなのかはわかりませんが、ここ以外でこんな景色は知りません。こういった画像を見て、不思議とも興味深いとも思えない人はちょっと残念な気がします。

自然は我々の知らないところで意味もなく、関係もなく景色を作っていて、人はそれを都合良く切り取って、良いとか悪いとか言っているんですけど、まあ傲慢な話だなぁ、と。

こういう楽しさ、写真いくら見ても伝わらないと思います。
だけど、酸いも甘いも知り尽くしたいい歳こいたおっさんが、リスク顧みずに一日中エキサイトできる遊び、って聞くと少しは伝わるかな?



スポンサーサイト



comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://chelm.blog37.fc2.com/tb.php/1728-71ed38d1