fc2ブログ

つるはし

2021. . 15
IMG_2697.jpg


KK問題に一言、これだけはおさえておくべきかな、と思うので。
今回のKK問題は、皇室もこの程度って事を示しちゃった出来事だな、と。
国民に祝福されない不本意な婚姻、という結果事実が横たわっている以上、本来であれば当事者らが事の沈静化に尽力せねばならないところだけど、それが不可能なのであれば皇室(という家族)の家長である、天皇陛下が、皇室の矜持をもって全力でことの平滑化に力添えすべきだろうとは思います。

男には一生の中で何度か、カッコつけなきゃいけない瞬間がある、って思うんすよ。
それがいかに強権的で、父権的で、マッチョ的だったとしても。オレがオレの両腕にかけてお前達を守る! ってさー(かつて陛下は、皇后を娶る際、「私が全力でお守りします」、と啖呵切ったわけですが)

ただ、平民の我々からこんな事言われている時点で、彼らも普通の、まだまだ至らない一夫婦、一父母であり、未熟な大人なのだなぁと、と思うわけです。皇族や貴族だからといって、人間のレベルが高いわけではなく、人並みに悩んだり、病んだり、傷ついたりもするわけですし、そうした中で成長してゆくのは人生のまともな在り方ですから、気に病む事ではありません。

まあ、皇族としての家業というか使命というか、そういう家に生まれたのだから、せいぜい身を粉にしてがんばりたまえよ、と思うのみ。

まさにこれは、令和の人間宣言だな、と。

私も同じくワーゲン屋として頑張ってますよ!

しかし逆に、KK君のメンタリズムはまともな人間のそれではないなと、ある意味恐怖を感じますし、彼の方が皇族らのそれより、矜持を重んじる精神性を持っているのかもしれません。

IMG_2701_202110152228039dc.jpg

生涯で一度くらいは、鶴橋に行く事はあっても、ツルハシを買うことになるとは思わなかった。

マジで。

誰にでも、これだけは自分には縁のないものだな、と思うものがある。
私の場合、その一つがまさにツルハシだったわけですが、遂に買ってしまった。
これがあればどんなボディパネルも一撃で穴が空くな、と戦慄しています。

IMG_2703_20211015222804ac4.jpg

ちょっと詰まりすぎて気が狂いそうです。

ツルハシは早々に家に持って帰っておこうと思います。



スポンサーサイト



comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://chelm.blog37.fc2.com/tb.php/1670-56cc31b7