fc2ブログ

6月になってた

2021. . 02
いつの間にか6月になってた。
もうどうでもいいけど。

この前、包丁洗ってて初めて指を切った。
これ本当に初めてなんですよね。なんツー間抜け。
そこから立て続けに別のシーンで手を二箇所切り、流血。

リストカットする人ってのは、アレは死にたくてやってるんじゃなくて、生きたくてやっている。生への異常な希求が死を意識することで満たされる。ま、どっちにしても奴ら歪んでて死生観がものすごく狭いんだけど、私も指を切って血を見ると、「ああ、生きてる」なんて思うものです。

ま、エンジンからオイルが漏れていたら、オイルはとりあえず入っているんだなぁ、って判断できるのと同じ意味合いですけど。

IMG_1455_202106022312201d7.jpg

最近の車は、あんまりプラグ交換をしないんですよ。
標準仕様でプラチナとかイリジウムとか使っているから、10万キロくらい無交換でいいそうです。
でも前にも言いましたけど、私の中ではイリジウムってなんか印象悪いです。長持ちしないか突然死するイメージです。
なんでかっていうと、何度かトラブルに遭っているから。
でも、ノーマルのプラグの方がトラブルは多いはず。突然死率も高いはず。
なのにイリジウムの評価が低いのは、コスパが悪く感じるからだと思います。10万キロくらい換えなくていいならコスパ高いじゃーん、ってつけたら1000キロでアウトや。特にバイクは保たない気がする。

そんなわけで、公正な目で見なきゃいけないんですけど、私の中で偏見が出来上がってしまってます。

で、まあ、そんな風にあまり交換しないでいいプラグだから、気軽に取り外せるようにはなっておらず、この車のようにマニホールドを外さねばならないというものも少なくありません。

IMG_1456_20210602231221e1a.jpg

最近はプラグコードもなくてダイレクトイグニッション。
一気筒ずつにイグニッションコイルが付いてるんですよ。(いまさら説明してるのは、空冷ワーゲンの人達にたいしてです)
だから、一個ずつ壊れる可能性を秘めているという。なので交換の際は全部換えるというのが定石です。お金もかかりますし、ゴミも出ます。

IMG_1457.jpg

で、恥ずかしながら、初めて見た。14ミリのプラグ。16ミリのレンチが入らんなーって思ったら、まさかの14ミリ。
んー、別に最新型って訳でもないけど、プラグも進化してるんだね。

たまに新しいもの触ると色々発見あります。
スポンサーサイト



comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://chelm.blog37.fc2.com/tb.php/1587-19cdc0c0