fc2ブログ

ブームに乗った友人がキャンピングカーに乗ってやってきた

2021. . 16
といったら本人は全力否定で、俺は以前から探していたんだ! と豪語するに違いないけど、面白いのでそういうことにしておこうと思う。

IMG_1381_20210516225315c6e.jpg

ま、しかし、でかい車乗れるようになったよなぁ・・・・・・と自分たちもそろそろ50手前ということを忘れそうになる。
最新型のキャンピングカーって訳じゃないけど、そういうの買ったり乗ったりする心の余裕というか、胆力というか、ヨッシャ行こうぜ、俺は買うぜ! って冷静と情熱の間というか、冷たい炎というか、なんか若いときの情熱とは少し違うような気がします。
ともあれ、キャンピングカーってのは究極の男のロマンって気はしますね。

実際友人は、家いらんかなぁ、って思ったそうです。

IMG_1382.jpg

いわゆる乗用車ベースのキャンピングってのは、最大容積が限られているから、限られたスペースを有効利用して、なんとかやりくりしてるところに感心します。もちろん詰め込んだらいいって訳ではなくてそれでも、普通に生活できるくらいには快適性を確保する。こんなサイズでトイレとシャワーがついてるってのはもう驚き。

で、今回お仕事いただいたのは、発電機の方。
発電機って言っても、オルタネーターじゃなくて、自家発電のほうね。

IMG_1385_20210516225321560.jpg

リアのメンバーにぶら下がるような感じでくっついてるんですけど、超やりにくい。
エンジンが止まるらしい。おまけにかぶりがどんどんひどくなる。挙げ句の果ては点火しなくなり、マフラーから生ガス。

うーん。
オーバーフローじゃね?

IMG_1384_20210516225320cae.jpg

キャブ外してみて納得。
キャンピングカーやさん曰く、車載状態でキャブは外さないそう(まず発電機降ろして作業するらしい)だけど、普段やってること考えたらそれほど無理な気もしないので、キャブだけ外した。

IMG_1383_20210516225318305.jpg

フロート内にガソリンが・・・・・・
これです、オーバーフローの原因。
キャブレターのフロートが下がったままになるので、ガソリンがじゃんじゃん流れ出してクランクケースに流れ込んだり、マフラーに垂れ流したりして、挙げ句飽和状態になったら点火しなくなる、って寸法です。

ちなみに、こうなるとエンジンオイルがガソリンで希釈されてしまうので、エンジンオイルは交換となります。

ま、アメ車が悪いのでもキャンピングカーが悪いのでもなく、汎用発電機なんて廉価な部品で組まれた製品ですから、こんな故障はよくある話です。こんなのに比べると車やバイクのキャブってのは、ものすごく高性能なんですよ。

スポンサーサイト



comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://chelm.blog37.fc2.com/tb.php/1575-ea2c7808