頑張ってください、はタブーらしい

2011. . 30
被災地で「がんばってください」といわれると、「これ以上どうがんばったらいいの?」って悲しくなるらしい。

そうかもしれない。

うつ病の方なんかに接する時にはよく言われますね。

だから、頑張ってください、の言葉を言わないように各種のメディアでも自粛しているみたい。

でも、外部からは「がんばろう」とか「がんばって」とか以外の言葉ってなかなか思い浮かばない。だって当事者じゃないから。

そういうの、ちょっと気になったので考えてみた。

いや、気になったというより、気持ち悪いので、自分なりに答えだしてみた。
震災から一週間ほどの時、テレビの中継で、大工仕事をしている人が映っていました。その人は「風呂を作るんだ」といって、流されてきた廃材などを駆使して作っていました。それから一週間あまりたち、今ではそれが機能しているという。創意工夫の上、不細工ながらもちゃんと用を満たすものが、個人の知恵と努力で出来上がりそれが役に立って感謝されている。わたしはそういうのが好きです。だから今の仕事も続けられます。


私の答えとしては「頑張ってください」でいいじゃないですか、です。

常識的な被災者はちゃんと「被災した自分」と「被災していない支援者」とを分けて考えている。自分と他人をも巻き込んで、皆も同じ気持ちにならなければいけないのだとは思っていないでしょう。
少なくとも私が被災者なら、そうは考えません。

現在アナウンスされている、体のいい「日本は一つ」とか「皆一緒」とかいう言葉、私は嫌いです。
だったら、何でもう少しまともな国を作れなかったんだ、って思いますから。
そういう国粋的な考え方、私は学校で徹底的に否定されてきましたし、滅私奉公なんてとんでもないとね。
それともなにか?
国としてではなく、個々人として、人の温かみだとか、優しさだとか、そういうのみんなで分かち合いたいわけか?

毒を吐いて本当に申し訳ないんだけど。

普段からそんなに皆、他人に優しくなんかしてないじゃん。他人の事気遣って生きてないじゃん。

素直になって考えてみませんか?被災していない私たちが今何に直面しているかを。



大切なのは、被災した人間が、そういった他人の「頑張ってください」というもっとも気遣いのある暖かい言葉を、現状に屈し悲観的に取ることがない様な精神的な土壌だと思います。

悪い言い方ですけど、「一緒に頑張ろう」とか、大阪でのうのうと商売して「暇だー」とか言っている人間に言われても、はっきり言って「嘘に決まってるじゃん」ってわかるでしょうに。

そういう意味では、どんな言葉をかけたって無駄だって思います。

被災した本人たちが頑張らずして何が復興ですか。
たとえば、全地球規模の災害が起こったときに、誰が助けてくれるんですか?
自分たちが自分たちの力で、自分たちの財産を守り生命を守らなければいけないわけでしょう?そこに「頑張ってください」って言葉はありますか?

ないでしょう?

そういう言葉をかけてもらえる状態であるだけ、被災者としてはかなり「いい状態」であることを感じなければいけないと思います。

普通に考えると、額面通りに「頑張ってください」を「さらにもっと頑張るべきだ、あなた方は努力が足りない」という意味で捉えるのは精神状態がおかしくなっている証拠です。
普通は「頑張ってください」と言われると「ありがとう」と返しますし感じます。



人にとって大事なのは言葉尻ですか?
それが、どんな感情や環境や状況で発せられた言葉かをも加味しないほどに、我々は言葉に込められた感情を解する能力がないのですか?そしてそれを失ってしまったのですか?

また、こんなところでも、言葉狩りをするんですか?

それは相手を傷つけるからと?

わたしは、それでも被災者の方々には大きな声で言います。

「頑張ってください」と

わたしは、彼らの強さを信じているから、信じたいから。

わたしも頑張るから、あなたも頑張れ。

それ以上もそれ以下もなくて、明日を作る為にがんばるだけ。

人間、みんな、そうやって生きている。

だから強くいなくちゃいけない、強くならなきゃいけない。

辛いけど

人生なんてそんなもんだ。


人生は辛すぎるから、たまには鼻歌歌って馬鹿みたいにバイクや車転がしてみるのもいいんじゃないの?
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する