FC2ブログ

ビートラック シフトアップデート 完

2021. . 21
三日目です。

完成しました。今思いつく限りの知識と技術を投入しました。
80%くらいの確率でシフトミスなし。ただしそれは私がやった場合であって、初めて乗る人はやっぱり操作できないと思います。

仕事がないおかげで、めちゃめちゃ集中出来て良かったです。これが中途半端に暇だったら途中で投げていたかもしれません。
このビートラックには私が考える色々が詰まっています。その時その時に想像したことや、やってみたいことが詰まった、ビートルカテゴリーの中では夢の結晶と言っていいモノです。
私は機械加工屋ではないので、そんなに精度の高いものは作れませんし、ある道具や材料、そして自分の技術や感覚なんかを頼りにするわけですから、それ故アイデアや工夫は強いられます。

IMG_0139_202101212157213ee.jpg

例えばこういう何の変哲もないパーツですが、ただプレートにシャフトを通してナットで締結しただけではいずれ緩んで回ってしまいます。それを防止するために、回り止め加工を施します。本来ならテーパーシャフトにしてウッドラフキー入れるような部分ですが、そんな加工は出来ません。
なので、プレートに穴を、ピンをシャフトに溶接するという形に収まります。レバーシャフトの着脱が出来なくてはいけないため、ここはナットで締結しなくてはいけないんです。

IMG_0140.jpg

全てを溶接で作れたら、製作時間は大幅にカットできますね。そのかわりメンテナンスできないし、失敗もやり直しも出来ない。
後にバラすことが出来るように作るというのは、存外大変なことなんです。

構造がよくワカランという人に、図を書いてみた。

IMG_0148.jpg

そもそもビートルのシフトロッドの構造が解らないと理解不能だと思うけど、自分で自分を褒めたいくらいに難しいことやってます。サンダーと半自動溶接機でよく作ったと思う。
この縦方向に立っているオペレーションロッドは、真ん中の支点を軸にして、上下左右前後に動きます。
この構造に行き着くのに一日はかかりました。

IMG_0141_202101212157244d7.jpg

おかげでフロア回りはこんなにすっきり。
シフトロッドは仮付けの緊急用です

IMG_0142.jpg

サイドブレーキのワイヤー機構もトンネルの内部に。

IMG_0145.jpg

今回はスイング操作がシビアになったので、シフトレバーの形状も大幅変更しました。

IMG_0146.jpg

シートを戻して完成。

IMG_0147.jpg

たぶん、これ以上の仕組みは思いつきません。簡素な構造なら他にもあるんですが、今回はアソビを少なくするのと、スイングとプッシュ&プルという、円軌道と直線軌道で確実に操作できるシフトレバーを目指したので、あえて構造は複雑化してます。

こういうの考えると、頭の運動になるんですよ。
どうやったら出来るのか? を考えるのって面白いし、楽しい。もう少しましな道具と材料があればもっといいもの作れるんでしょうけどね!

そゆわけで、ビートラックアップデートは終了
スポンサーサイト



comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://chelm.blog37.fc2.com/tb.php/1512-162d283c