悩ましきかな点と線の交錯

2011. . 08
PC090067_convert_20110130215705.jpg

つまり、ビートラックのキャビンとベッドの関係というのは、この茶碗と納豆のような関係であり、円と四角、互いに相容れないようでありながら、やっぱりアツアツのご飯に納豆はうまいわけで、まぁ、そのようにできたらいいなぁと。

しかし、大相撲の賭博問題に引き続き八百長と、まさに腐れの王道ですな。
わたしゃ思うんですがね、どうせならプロレスみたいなショービジネスにすりゃあ良いじゃないですか。八百長だろうがなんだろうが、観客が気持ちよければいいって見世物に居座っちまえば。
どうせ世界には通用しない競技なんですし、そもそもスポーツの中に入るかどうかも微妙なんですし。

私は芸能だと思っていますけどね。
で、今回からやっとこさベッドへと作業が進んでまいります。

PC110072_convert_20110130215836.jpg

ベッドのフレームともいう部分のイメージを木材で割り出します。はっきりいうとこのあたりはかなり楽観的に考えていたため、実際の出来上がりが想像できるにつれ、まずい事にも多々気付くわけです。

PC120073_convert_20110130220004.jpg

イメージはこんな感じかしらん?
いやはや、やっぱり改めて見ると、後端が随分長くなる。しかもマウント位置は前方から三分の一程度の場所だから、要するにベッドフレームはごっつ丈夫なもので作らなければもたないし、こんな複雑な形状では強度的に不安になるため即日この案は却下。

以下は後日鉄骨がくるまで試行錯誤した記録。

PC160094j_convert_20110130220050.jpg

前端をCチャンネル材で溶接して組んだところ。これだけでもかなりごついもんなんですが。さらに車体を水平に保ち、各部のバーツ位置決めをしてゆきます。

PC160095_convert_20110130220136.jpg

おお、なんとかエンジンには干渉しないで作れそうです。

なんといっても設計図を描かないという作り方ですから。わたしは設計図を書いても100パーセントその通りには作れません。思えばプラモデルすらも説明書通りに組んだこと一度もないわ・・・。

PC190104_convert_20110130220226.jpg

強度不足を補うための苦肉の策、サブフレームマウント!
ご覧の通り、ミッションマウントを加工して作っています。登場はまたまた後日となりますが、次回からは鬼の溶接作業です。ではー
スポンサーサイト

comment

オニキスのいる妄想学院
がんばってますね!!!笑
いやービートラックとは
才色兼備ですな!!
2011.03.01 13:11
CHELM
すみません、コメントに気づいていなかったです。
励ましのコメントありがとうございます、今はちょっと作業止まっていますけど、そのうち再開します!

> がんばってますね!!!笑
> いやービートラックとは
> 才色兼備ですな!!
2011.03.19 11:49

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する