fc2ブログ

生涯一静かな十二月

2020. . 13
ではないかなと思うほど、大人しい12月。
本来なら、街はジングルベルが鳴り響き、イルミネーションに煌めいているはずなのに。

ま、賑やかなところは賑やかなんでしょうけど。

第三波をうけておおかた、一年以内の終息なんて無理じゃん、という雰囲気になっているところ、そういや来年はオリンピックあるのかな? とか忘れかけていたこと思い出しましたけど、こりゃ観客を規制しつつになるだろうし、当然海外客は来られない。選手だって全員集まらない状況となっての半端な開催となるんではないかな。

考えても仕方ないことだけど

ネタがない訳ではないんだけど
ウチはパーツ洗浄するのに、こういうものを使います

IMG_1410_2020121322241965b.jpg

汚いシンクはパーツ洗浄台といって、水の代わりに灯油や、洗浄液が流れ出してきて汚れを洗い落とす台です。
もちろんいくら私が家事が出来るといっても、コテコテの泥油まみれのパーツをササッと洗えるわけではなく、かなり根気よくゴシゴシしなくちゃいけません。

IMG_1411_202012132224203b4.jpg

そんな時に役に立つアイテムがこちら。
パーツ洗浄用のブラシというのも売っているんですが、旧車の部品を洗うにはヤワ過ぎるので、100均で各種用途のハードなブラシを数種類買い求めています。安いですしいろんな形があるので使いやすい。特にお気に入りは左側のスニーカー洗い用のブラシ。

アイディアってのは現場で生まれるもんですね。

IMG_1419_202012132224239c7.jpg

愛用してるジャッキ。最近調子が悪いので、とりあえずオイル抜き換え。
手工具も大事なんですが、我々にとって空圧工具の方が使い勝手的には大事だと思います。
なぜなら、空圧工具というのは掴み心地や重さもバラバラで、インパクトなどになるとトルク感がまるで違うので、慣れたモノでないと正確な作業が出来ないからです。
その点でいうと手工具はあまり大差がないので、はっきり言うとスナップオンでも車載工具でも、使う者の腕がしっかりしていればちゃんと使える道具たり得ます。

で、こういったガレージ工具と呼ばれるジャッキも、実は多種多様のサイズ、形があり昇降具合もそれぞれだったりするので、使い慣れているジャッキというのは手放せないモノになります。特にこのジャッキ、30年以上前のものなんですが、とても使いよいので直しながら使い続けています。はっきり言って、このジャッキが壊れたらどうしようと不安になったりします。

IMG_1418.jpg

ウォーターポンプを交換したシャラン。
冷却水を入れ、エンジンをかけてエア抜きをして、作業を完了。請求書を書いて、納車のために再び動かそうとしたらエンジンかからない……。

なんでやねーん。

というか私触ったのポンプとベルトだけだし、換えたあとエンジンかかってたし関係ないよね。今時はタイミングチェーンなのでベルトの交換も必要ないし点火がズレることもない。ネットを検索したら色々恐ろしいことが書いているんだけど、正直ここで復帰方法を色々試してもどうにもならないというのが感想。コンピューターが何を考えているのかなんて解らんし、基板が故障とか見分けられないし。

こういう故障に直面すると、ますます新しい車は触れないよなぁ、っておもいます。
解っていても、限界を感じて少し落ち込みます。 あっさり敗北です。
もうね、アナログな機械触っている立場としては未知との遭遇なんですよ。
そんなわけで、オーナーさんの意向でディーラーに搬送。

だから、電気自動車なんて世の中なったら失業しますから、断固としてガソリン車、しかもキャブレター車の生き残りに生涯を捧げるしかありません。

そういう意味で私はもはや、政府方針に反旗を翻すアナーキストになるしかありません。

というか、前からそうだっけか。

よし、これからも、電気自動車の不要性を、強く訴えかけていきたいと思います!


そうそう、こんないけてない12月。
「GO TO ヘルム キャンペーン」っていう、地獄行きみたいなキャンペーンはどうかなって思います。
ご来店、3000円以上お買い上げの方には、ポイントを進呈とか。

ポイントっていっても、デスビのコンタクトポイントな。
空冷乗りには嬉しい特典やろ?



スポンサーサイト



comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://chelm.blog37.fc2.com/tb.php/1485-4f0284ea