FC2ブログ

隔絶感

2020. . 01
なんか世の中は騒がしいようですが、ヘルムは静かです。

今現在も大阪市の住民投票の開票は続いているようですが、正直域外の大阪府民からするとどうでもいいというか、何か変わるんかいな? のレベルでして。
ただ前回もですが、今回も投票の賛否が拮抗するというあたり、余計に何が問題なのかが解らなくなってるように思います。
それに、フェイク情報というか、ロビー活動が酷すぎて、もうこれ政治ゲームの一環なのかなと思うわけでして。
なんかマジで政治家とか運動家とかデモ行進隊とかが

アホに見える。

悪いけど。

どうせなら、私利私欲を捨てて、世のため人のために動いて欲しいと思います。

というか大阪府のことやねんから、大阪府民全員で住民投票させろよ。大阪市でしかしないから変革しないんだろうがーと、(今、速報がありました)ハイ、維新終わったー!

それとは関係ないですが、今日は単純なクラッチワイヤー交換。

IMG_0913.jpg

車両はほぼ無改造な、ザ・ノーマル。

これでクラッチワイヤ切れるかいのぉ? もしかしてクラッチいってるんじゃないかのぉ? とドキドキワクワクしながらワイヤー点検したら、見事に切れてました。ボーデンチューブの中で。

IMG_0912_20201101225039e8b.jpg

これ、もとのボーデンチューブが長すぎたのが原因。前に換えた人が年式間違えたんでしょうね。
というのも74年って年式は微妙なことが多くて前期と後期でいろいろ変わっています。
クラッチワイヤもその一つで、前期は長め、後期は短め。
ボーデンチューブも同じくでして、本来短めを入れるところに、長めが入っていると、歪に湾曲するため、中を通るワイヤーに負担がかかり結果摩擦で切れやすくなるという。

そういうことですので、ちゃんとした部品をちゃんと使えばすっきり上手くゆくと。

そんな当たり前の話ですが、それもこういった無改造の車にこそ言える話で、ミッションが積み変わっていたり、修理が施されて補修されているなどで、年式通りの部品がつかないこともありますので、そこはそれマニュアルには書いていないことでありますから、我々のような人間が必要とされるわけです。

スポンサーサイト



comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://chelm.blog37.fc2.com/tb.php/1454-8543d942